神託事件-豊前の伝説



【神託事件-豊前の伝説-】
(769年)
妙見宮和気清麻呂公像

宇佐八幡宮神託事件は「続日本記(しょくにほんぎ)」に書かれている出来事です。
その記事は769年、称徳天皇の怒りの詔(みことのり)から唐突に始まります。
「臣下というものは、君主に従い清く貞しい明るい心をもって助け守り、無礼な面持ちをせず、よこしまで偽ったり、へつらい曲がった心を持たず仕えるものである。しかし、(和気)清麻呂とその姉・法均は偽りの話を作り大神の言葉として上奏した。そこで国法によって両人を退ける事とする。またこの件で、清麻呂と事を謀った者がいるのは判っているが、今回は慈しみ哀れんで免罪とする。しかし、このような行為が重なった者は国法に従って処罰する。心を改め貞しい心を持って仕えるようにせよ。」

神託事件の経緯は次の通りです。
764年に時の権力者・藤原仲麻呂が失脚し斬られると、その2年後に弓削道鏡は称徳天皇の後ろ盾もあって法王にまで登り詰めます。そして768年には弟の弓削浄人(ゆげきよひと)が大宰帥(だざいのそち)に就き、その後の大宰府の主神(かんづかさ)・習宜阿曾麻呂(すげあそまろ)が宇佐八幡宮の神のお告げと偽って「道鏡を皇位に即(つ)ければ天下は太平になるだろう」と上奏します。道鏡はこれに気を良くし、道鏡に傾倒する称徳天皇も道鏡を皇位に就けようと和気清麻呂を玉座に招き、姉の法均に代わって宇佐八幡宮へ行き神託を受けて来る様に命令します。
清麻呂の出発に際し、道鏡は清麻呂に吉報をもたらせば官職官階を重く上げようと持ちかけますが、その後、宇佐八幡宮で宣託を受けた清麻呂は帰京し、宣託のまま「皇位には皇統の人を立てよ。無道の人は早く払い除けよ」と上奏します。
この清麻呂の上奏の後に冒頭の称徳天皇の詔がつながるのです。

天皇の命で和気清麻呂は別部穢麻呂(わけべきたなまろ)と改名、法均の名は広虫売(ひろむしめ)に戻され、道鏡によってそれぞれ因幡(鳥取県東部)と備後(広島県東部)に配流されます。清麻呂には因幡に到着する前に再び詔が出され大隅(鹿児島県東部)に配流される事になります。
「日本後記」では、大隅に向かう清麻呂に害を及ぼそうと道鏡は追手を差し向けたとされます。しかし豊前に着いた清麻呂の前に多くの猪が現れ、追手から守るように清麻呂を背に乗せて宇佐神宮へ送り届けます。その後、清麻呂は豊前・竹和山麓にしばらく滞在しますが、山麓の霊泉に足を浸すと足の傷が平癒し、以後この山を足立山と呼ぶようになったという伝説を残すことになります。

称徳天皇は冒頭の詔の数日後に「目にかなった人を新しく立てることは、心のままにせよ」と勅をし道鏡を皇位に就けることを諦め、翌年8月には崩御します。その同月に道鏡は下野国薬師寺に左遷され、弟の弓削浄人とその息子たちも土佐国に配流されます。そして9月には清麻呂と法均は配流先より都に戻ることになりました。


「続日本記」には大宰府で偽りの上奏をした習宜阿曾麻呂のその後は書かれていません。想像になりますがこの書で見る限り、阿曾麻呂の上奏を画したのは、直前に大宰帥に就いた弓削浄人ではないかと考えられ、道鏡の関与はなかったのかもしれません。
その道鏡は2年後に薬師寺で没しますが、権力を一時的に掴むも自身にも見えない時の流れに翻弄された人生だったのかもしれません。そしてその9年後には弟・浄人とその息子たちが郷里の河内国に戻ることを許されています。

参考引用「続日本記(中)」(宇治谷孟/講談社学術文庫)
(2018.5.7)




Author: fshiden