佐伯常人(さえきつねひと)



【佐伯常人(さえきつねひと)
(?~?)

奈良時代中頃の武人で740年の「藤原広嗣の乱」を平定するために派遣された人物です。「板櫃川の戦い」では川を挟んでの藤原広嗣との論戦で広嗣に大儀がないことを指摘し、広嗣に兵を引かせています。

関連記事:常人




Author: fshiden