少弐景資(しょうにかげすけ)



【少弐景資(しょうにかげすけ)
(1246年~1285年)

少弐資能の三男で、少弐経資の弟。元寇の役では日本軍の中心人物として奮戦しますが、 戦後、鎌倉で「霜月騒動」が起こるとその余波を受け兄・経資に岩門城を攻められ自害します。 現在、那珂川町山田の城山の麓に景資の墓が残っています。




Author: fshiden