平安時代



【平安時代】
 -菅原道真左遷と藤原純友の乱-
太宰府天満宮と飛梅

901年、藤原時平等の画策により菅原道真が大宰府に左遷されます。そして二年後に多くの漢詩を残した謫居(たっきょ・配流先の住居のこと)で病没します。 遺体は大宰府東方の安楽寺に埋葬されますが、後にその地に社殿が建立されます。これが太宰府天満宮の起源になります。

そして菅原道真の左遷から四十年後に「藤原純友の乱」が起こります。伊予の本拠地を朝廷軍により攻略された純友は海路で筑紫に逃れ 大宰府や観世音寺で略奪行為を行います。これに対し朝廷は小野好古(おののよしふる)、大蔵春実(おおくらはるざね)等を派遣します。 乱は程なく鎮圧され大蔵春実は大宰府の要職に就き、子孫は大宰府南方の原田(はるだ)に住み原田氏を名乗ります。 平安時代の後半はこの原田氏が筑紫の治安を司る職を担いますが、平安末期には京都を追われた平家を助け、 平家が壇ノ浦に破れ滅亡すると領地を没収されます。

この他、平安時代には新羅海賊や刀伊(とい)の入寇があり被害を受けます。 特に1019年の「刀伊の入寇」は藤原隆家の率いる軍が撃退したもの、 対馬、壱岐、博多湾周辺で500人近い死者を出し1000人以上が連れ去られています。

(2012.11.25)

関連記事:平安




Author: fshiden