奈良時代



【奈良時代】
 -権力闘争と鑑真の来日-
戒壇院建立

奈良時代には大和政権内で、藤原氏と反藤原氏の間で派閥間対立が起こります。
737年、天然痘で当時の有力者の藤原四兄弟(藤原鎌足の孫たち)が次々に死去すると、橘諸兄(たちばなのもろえ)が政権を握り、 唐留学僧・玄昉(げんぼう)や唐留学生・吉備真備(きびのまきび)を抜擢し、脱・藤原氏の体勢を整えます。 これに反発して740年、大宰府に左遷された藤原広嗣(ひろつぐ)が「藤原広嗣の乱」を起こします。 しかし乱は二ヶ月程で鎮圧され、藤原広嗣は唐津で斬られました。
その後も大和政権内での権力闘争は続き、5年後には玄昉が観世音寺へ、10年後には吉備真備が筑前守へ左遷されます。 玄昉は左遷の翌年に原因不明で死去しますが、吉備真備は2年後に遣唐副使として唐へ渡り、帰国時には唐の高僧・鑑真の来日に関わったといわれています。 この時に来日した鑑真和上は観世音寺に入り、現在の戒壇院の辺りで日本初の受戒を行います。
吉備真備はこの数年後に大和に戻り、重職を歴任します。そして以前に吉備真備の左遷を画策した藤原仲麻呂が乱を起すと、孝謙上皇より討伐を命じられています。

(2012.11.25)

関連記事:奈良




Author: fshiden