足利尊氏(あしかがたかうじ)



【足利尊氏(あしかがたかうじ)
(1305年~1358年)

後醍醐天皇に反旗をひるがえした足利尊氏は、北畠、新田、楠木軍に破れ、海路九州に落ち延びます。 これを知った菊池武敏・阿蘇惟直は肥後より北上し尊氏打倒を目指しますが、尊氏はこの軍を「多々良浜の戦い」で打ち破り大宰府の原八坊・一坊に 入り京都奪還を目指します。

関連記事:尊氏,高氏




Author: fshiden