飛鳥



【観世音寺建立】
(661年)
観世音寺本堂

斉明天皇は百済復興支援のため入った九州で突然崩御します。 中大兄皇子はこの母のために大野山の麓に大規模寺院を創建することを決めますが、 これが85年の歳月をかけて完成する「観世音寺」です。
斉明天皇は重祚(二度以上、天皇の地位に在位すること)した初めての天皇で二代前に皇極天皇として在位しています。 この皇極天皇の時代に中大兄皇子はこの母の目の前で、蘇我入鹿を暗殺します。 その際、斬りつけられた入鹿は皇極天皇の前に倒れこみ「御前であるぞ!私に何の罪があるというのだ?」と叫びます。 この暗殺の件を知らなかった皇極天皇は驚き、息子の中大兄皇子になぜこのような振る舞いをするのか詰問しますが、 皇子は「入鹿が皇族を殺し、皇室を傾けるからです」と答えます。 この状況を止めることは無理と悟った皇極天皇は この場を後にし、蘇我入鹿は殺されます。これが645年の「乙巳の変」(いっしのへん)です。
この件で皇極天皇は退位し中大兄皇子に位を譲ろうとしますが、皇子は受けず天皇の弟の孝徳天皇が即位します。
654年には孝徳天皇が崩御し中大兄皇子が再び皇位に押されますが、皇子はここでも受けず、母が斉明天皇として即位します。 拘束を受けない自由な立場で行動したかった中大兄皇子としては、信用できる人が天皇の座にいて欲しかったはずで、 その人が天皇の経験がある母親だったと思われます。 斉明天皇は「乙巳の変」のこともあり即位には気が進まなかったと想像されますが、 天皇の実務はすべて中大兄皇子が行う事を条件に重祚したものではないでしょうか。
また百済救援のための九州入りも、67歳という老齢ながら「皇子のためなら」と思い中大兄皇子の依頼に従ったものでしょう。 このような経緯で、苦労をかけた母への償いの気持が「熟田津の石湯行宮」立寄りや 「朝倉橘広庭宮」滞在、「観世音寺」の建立へとつながって行ったのかもしれません。

(2011.6.18)

関連記事:観世音寺






【白村江の戦い】
(663年)

倭国が朝鮮半島から撤退して約百年後の、660年百済は新羅・唐の連合軍の攻撃を受け滅亡します。 百済の遺臣の鬼室福信は百済復興のため倭国に救援依頼すると共に、倭国に滞在する百済の王子豊璋の帰国を求めます。 これに応えた中大兄皇子は661年百済復興救援のため豊璋を帰国させると共に兵を送りました。 これにより百済の軍は復興に向けて一歩前進しますが、663年に豊璋が謀反の罪で鬼室福信を斬ってしまいます。 これは、百済の軍の士気を著しく低下させたものと想像されます。 そして同じく663年8月、ついに白村江で待ち構える唐の軍船と倭国水軍は激突します。唐の水軍は火計を用い倭国軍船は次々に 炎上し、倭国水軍は大敗を喫します。残った軍船は百済の王族や貴族を乗せやっとの事で九州に逃げ帰りました。 百済復興の夢を断たれた豊璋は高句麗に逃れたといわれ、九州で敗戦を知った中大兄皇子は大野城、水城を築き九州の防衛に専念することになります。

余談になりますが、百済の王子豊璋は中臣鎌足ではないかとの説があります。 豊璋が帰国して倭国軍が白村江の戦いで破れるまでの期間、中臣鎌足に関する行動が歴史から抜け落ちているのがその理由です。 また「乙巳の変」の場に居合わせた次期天皇の有力候補だった古人大兄皇子(中大兄皇子の異母兄)が自邸に逃げ込み 「韓人が蘇我入鹿(古人大兄皇子の後ろ盾)を殺した」 と告げますが、この「韓人」が中臣鎌足を指すのではないかというのがもう一つの理由になります。

(2011.5.14)

関連記事:白村江,百済






【防人と烽の設置】
(663年)

663年、新羅・唐の連合軍の九州上陸を想定し、対馬、壱岐、筑紫に防人(さきもり)と烽(すすみ)を設置します。 防人とは筑紫の守備のために全国より派遣された兵士のことで、烽とは敵の動向を知らせる狼煙台のことです。
百済を制した新羅と唐は朝鮮半島の平定を優先し、高句麗の攻撃に向かいます。そして日本には背後を突かれる事を危惧したのか、 「白村江の戦い」の捕虜と献物を送り、和平路線を取ります。668年、高句麗は降伏し朝鮮半島は統合されますが、 唐の支配を嫌った新羅は、5年程かけて唐と戦い遂に朝鮮半島より追い名実ともに統一を果たします。 以後、新羅は国の守りに力を入れたために筑紫は戦乱に巻き込まれる事はありませんでした。 しかし、外冦の憂は皆無になった訳ではなく、朝廷は防人を70年ほど存続させています。
ところで防人の任期は3年間だったようですが、期限が過ぎても故郷に帰ることができない防人が多かったようで、 689年に持統天皇(天智天皇の皇女、天武天皇の皇后)は「防人は年限になったら交代させるように」との命を出しています。
そして奈良時代の730年には防人の派遣を止め、7年後には筑紫に残る兵士を故郷に返し防人を停止し、 筑紫の兵士に壱岐、対馬を警備させたとされています。

(2014.12.14)

関連記事:防人,烽






【大宰府、水城、大野城を築く】
(663年~665年)
宇美町の「百間石垣」(大野城)

「白村江の戦い」に敗れると、中大兄皇子は新羅・唐の連合軍の九州侵攻に備え、 664年九州の行政機関「官家」(那津)の機能を造営中の「観世音寺」の西側に移し「大宰府」とします。 そして敵の侵攻を食い止めるため前面(博多湾側)に濠を掘った大堤「水城」を築き、 翌665年には大野山に百済貴族の指導を元に石垣を張り巡らした「大野城」を築城します。 これより大野山(四王寺山)の南側の地域は九州の政庁「大宰府」と大規模寺院の「観世音寺」の築造が進み、 大都市への道を歩み始めます。

(2011.5.8)






【壬申の乱-筑紫-】
(672年)

天智天皇が崩御すると、その半年後の672年6月に、吉野で出家していた天皇の弟・大海人皇子(おおあまのおうじ)が東国に向かい、挙兵の動きを示します。 時の都の大津では不穏な空気が流れ人々は避難の準備を始めます。 天智天皇の子・大友皇子(おおとものおうじ)はこれに対し、地方官や豪族たちに援軍を出させるために使者を向かわせるのですが、その際に「筑紫大宰と吉備国守(きびこくのかみ)の二人は大海人皇子に近い人物なので、命令に従わなければ、その場で斬るように」と使者へ指示をします。
使者は吉備に行き、吉備国守の刀をはずさせておき、命令書を渡す振りをして斬り伏せます。 次に筑紫では別の使者・佐伯連男(さえきのむらじおとこ)が筑紫大宰の栗隈王(くるくまのおおきみ)に兵を出すよう命令します。しかし栗隈王は「筑紫の兵は元々、外敵への備えで内賊を抑えるための兵ではありません。命に従って兵を出せば国が無防備となり、外敵より攻め込まれる事もありえます。そうなってからでは、私を何百回 斬刑に処すとも、後の祭りです。」と援軍を断ります。 佐伯連男は大友皇子の命に従い栗隈王を斬ろうとしますが、栗隈王の両脇には大刀を佩いた二人の息子が立ち離れようとしなかったため、任務を果たせず筑紫を去りました。
この「壬申の乱」はひと月程で終わります。戦いに勝利した大海人皇子は飛鳥に移り、翌年2月に即位の儀をとり行います。 これが天武天皇です。 そして栗隈王は乱の3年後に兵政長官に任命される事になります。



この戦いに敗れ自害した大友皇子は、正式に即位した記録がなかったため歴代天皇に数えられていませんでしたが、明治天皇によって諡号を送られ弘文天皇とされました。
(2014.10.18)