鎌倉



【源平合戦後の九州】
(1185年~)

「壇ノ浦の戦い」で平家が滅亡すると、平家側の武将であった原田種直は領地を没収され鎌倉で囚われの身となります。 そして九州には源頼朝が武藤資頼(すけより)、大友能直(よしなお)、島津忠久(ただひさ)を派遣し、 武藤氏は九州北西部(現在の福岡北部、佐賀、長崎)、大友氏が九州北東部(現在の大分、福岡南部、熊本)、 島津氏が九州南部(現在の鹿児島、宮崎)の守護を務めます。 この三家が鎌倉時代から室町時代にかけて九州の「武家御三家」とされ中心的な役割を果たして行くことになります。 ただ肥後には、以前からの豪族、菊池氏、阿蘇氏などのに加え、肥後南部には下向した相良氏が勢力を張ります。
筑前では守護の武藤氏が武家では初めてとなる大宰少弐職にも就き、後に官名の少弐氏を名乗ります。 一方、原田種直は後に許され怡土(いと・福岡北西部)に領地を得、 その後には種直の近親者(父?子?・不明)の種雄(たねお)が源頼家より秋月を与えられ秋月氏の始祖となります。 また「筑前国続風土記」では戦国時代に高橋紹運が継いだ高橋氏もこの原田氏より派生した一族とされています。
そしてこれら大小の武家が元寇では共に戦い、 また南北朝から戦国時代にかけ入乱れての戦いを繰りひろげてゆくことになるのです。

(2015.3.25)






【文永の役】
(1274年)
筥崎八幡宮の「蒙古軍船碇石」

1274年10月5日、元軍は対馬を手始めに、壱岐、松浦と魏志倭人伝に書かれたとおりの道順で殺戮を繰り返しながら侵攻してきました。 その数、兵3万、軍船900といわれています。
19日には糸島半島東部の今津に姿を現し、一部の軍を上陸させ陸路、博多方面へ侵攻させます。 翌20日には軍船を博多港北西周辺に集結させ、室見川河口付近から上陸を開始します。そして陸路今津より進んできた軍と共に、日本軍を攻撃圧倒し、赤坂(市街地西部)まで押し寄せました。
また元軍の別働隊が箱崎方面(博多の東方)へ上陸し、箱崎八幡宮一帯へ火をかけ町を混乱に陥れました。守りきれなくなった日本軍は態勢を立て直すため、とりあえず水城まで撤退します。
翌日、元軍の大宰府侵攻かと思われましたが、夜が明けると元軍は博多湾より消え去っていました。

(2011.5.14)

関連記事:文永,元寇






【弘安の役】
(1281年)
早良区百道の「元寇防塁跡」

「文永の役」から6年後の1281年6月、元軍は二手に別れて侵攻してきました。 東路軍は元、高麗の兵4万、江南軍は元に降伏した南宋の兵10万、総計14万の兵は「文永の役」の5倍に近い数です。 6月5日にまずは主力の東路軍が博多湾に現われますが、浜辺には延々と防塁が築かれ上陸可能な場所が見つからないため、 志賀島より上陸を開始します。日本軍も「文永の役」で元軍を内陸部に進入させると手強いことを経験していたため、 これを必死で食い止めました。幸運だったのは志賀島に平地が少なく元軍が一気に大軍を上陸させることができなかったことです。 また夜間には日本軍の小船が元軍の船を奇襲し手こずらせます。元軍はこの小船に対し投石器で応戦し多数破壊たとのことですが、 夜はおちおち眠ることもできず精神的な疲労はかなり大きかったと思われます。
「文永の役」のように上陸が簡単でないことを知った東路軍は、 江南軍と落ち合うために博多湾を去り西に向かいます。この時、元の軍船の中では疫病が発生し3000人程が病死していました。
そして約1ヶ月遅れて江南軍が到着し東路軍と落ち合います。両軍は平戸あたりに集結し、7月27日には松浦の鷹島を攻撃します。 ここでも松浦軍や島津軍の攻撃に悩まされ、上陸に手こずります。
そして7月30日夜半に台風が九州北部を通過し、元の軍船はことごとく波にのまれ壊滅します。たった一晩の出来事で 5000近い軍船が没し、兵士14万の内、自国へ戻れたものは2万ほどで10万以上が海にのまれたといわれています。


「弘安の役」ではとかく「神風」の話が大きく伝えられます。これが元軍の侵攻を防いだ第一の要因なのは間違いないのですが、 九州を中心とする武士団が地道な努力で築いた防塁と、 上陸を喰い止めるため必死で抗戦したことが「神風」に劣らない大きな要因ではないかと思わずにはいられません。
(2011.7.10)

関連記事:弘安,元寇






【岩門合戦-霜月騒動-】
(1285年)
那珂川町の「岩門城跡」(城山)

「弘安の役」から3年後の1284年、北条時宗が病死すると鎌倉で御家人の安達泰盛と得宗家執事の平頼綱の確執が激しくなります。 翌1285年11月、両者間で小競り合いが起きそれが戦いまでに発展します。 そして安達泰盛が敗れると一族および安達派の御家人は次々と攻められ討ち死に自害して行きます。 これが「霜月騒動」ですが、この事件は地方にまで拡大し常陸、信濃、播磨などで安達派の人々が粛清されます。 筑前では安達泰盛の子、安達盛宗が博多で少弐経資に討たれ、 経資の弟の少弐景資も安達派だったため岩門城(いわとじょう)に籠りますが経資はこちらにも兵を送り城を攻め落とし、 景資を自害させます(「岩門合戦」)。 そして鎌倉幕府はこれら粛清された御家人たちの所領の一部を元寇の恩賞として配分したといわれます。


ところで「霜月騒動」で自害した安達泰盛という人は文化人の間でも名の知れた人だったようで、吉田兼好は「乗馬の達人」として取り上げ、 一遍上人は「大きな人」と評しているようです。 また「蒙古襲来絵詞」で有名な肥後の竹崎季長はこの絵巻の中に少弐景資、安達盛宗、安達泰盛を描かせており、 恩賞を直訴した安達泰盛からは海東郷の地頭に任じられたことも記載しています。 そしてこの絵巻の最後に「永仁元年(1293年)二月九日」と書き入れています。 この1293年という年は「霜月騒動」の仕掛人、平頼綱が滅ぶ「平禅門の乱」の起こった年でもありました。

(2011.7.16)






【元弘の乱-博多-】
(1331年)

後醍醐天皇の倒幕計画が漏れ拘束されたことにより「元弘の乱」が起こります。通常は首謀者が拘束されると乱は収束するのですが、 この時は、後醍醐天皇の親王や意を受けた武将が各地に立ちます。 これにより情勢が不安定になって来ると、鎮西探題(博多)の北条英時は九州の御家人を博多の探題に呼び集め収拾に努めようとします。 この呼びかけで博多に向かった、肥後の菊池武時、筑前の少弐貞経、豊後の大友貞宗は鎮西探題を倒す密約を交わしていたといわれます。 博多に入った菊池武時は1333年3月13日に事を決行しようとしますが、時期尚早と判断した少弐貞経と大友貞宗は立たず、 逆に探題側につき、兵250を率いて鎮西探題に攻め入った菊池武時を攻撃し敗死させます。 菊池武時は前日の夜、少弐貞経と大友貞宗に決起要請の使者を送っていますので、当然探題側は武時の動きを掴んでおり 攻撃してくるのを待ち構えていました。もちろん武時もこの状況はわかっていたはずで決死の覚悟で戦いに望んだと思われます。

この事件から2ヶ月後の5月7日には足利高氏は六波羅探題(京都)を落とし、5月22日鎌倉が新田義貞の軍によって陥落します。 そしてその3日後の5月25日に鎮西探題の北条英時は室見川河口付近にあった鷲尾城で少弐貞経、大友貞宗、島津貞久等に攻められ自刃し、 北条氏の勢力は崩壊します。

この「元弘の乱」から3年後に大宰府へ攻め込んだ菊池武敏(菊池武時の九男)は少弐家の城、有智山城を攻め落とし父の仇、少弐貞経を自害させます。 しかし「多々良浜の戦い」で足利尊氏と少弐貞経の嫡男・頼尚の軍に破れ、肥後に撤退します。

(2011.7.9)