弥生・古墳



【漢委奴国王の金印】
(57年)
金印イメージ

秦の始皇帝が中国を統一したのが紀元前221年で、その「秦」は二代目で倒れ、項羽と覇を争った劉邦が「漢(前漢)」を興します。 漢は200年ほど続きますが、臣下の王莽が一時、政権を簒奪し国名を「新」とします。しかし「新」は人々の支持を得られず倒壊し、 劉邦の子孫、劉秀がこの混乱を収め「漢(後漢)」を復興します。「漢委奴国王の金印」はこの劉秀(光武帝)が奴国王に送ったものです。 この「後漢」も200年ほど続きますが次第に乱れ、日本でもよく知られる劉備、曹操、孫権の三国志の時代に入っていきます。 この三国の中で一番勢いがあったのが曹操の興した「魏」になりますが、この国は劉備の建てた「蜀」を併合した後に、 司馬懿(仲達)の孫、司馬炎に乗っ取られ「晋」になります。 邪馬台国の記事を記載する「三国志・倭人の条(魏志倭人伝)」はこの時代の陳寿(ちんじゅ)によって書かれたものです。 その後「晋」は三国の残りの一国「呉」を平定し中国を統一しますが、相次ぐ内部抗争で北方の異民族を引き入れることとなり、 次第に自ら引き入れたその異民族勢力に南東に追われることとなります。 そして華北(中国北部)にはこの異民族たちの建てた国が乱立します。これが「五胡十六国」の時代です。 最終的に華南(中国南部)は南に追われた「晋(東晋)」の武将、劉裕が皇帝に禅譲させ「宋」を建て、華北は異民族勢力の「北魏」が統一し、 ここに「南北朝」時代が始まるのです。

中国4千年の歴史の一部を長々と書いてしまいましたが、ここからが本題です。
「後漢書(ごかんじょ)」は劉裕が建てた「宋」の范曄(はんよう)という人物によって書かれました。 ちなみに「三国志」は著者の陳寿自身や親、祖父が生きた時代を記述していますが、 「後漢書」は後漢が倒れて200年を経て書かれたものなので、当然古い史書などを頼りとしています。 その中のひとつが陳寿の「三国志」といわれ、そこから引用されたと思われる部分が各所に見られるそうです。

「後漢書」の中には次の一節があります。

「建武中元二年、倭の奴国、貢を奉じて朝賀す。使人は自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。光武、賜るに印綬を以ってす。」

これは西暦57年のことで、この頃、倭国の南端に奴国という王国が存在したということになります。 そして1700年を経た江戸時代にこの金印が、志賀島の田地から二人の農民の手により掘り出され、大騒ぎになるのです。



(2011.7.24)






【三国志に奴国の戸数記載】
(200年代)

「三国志」の魏書の巻、東夷伝の倭人の条(魏志倭人伝)に邪馬台国への道のりが記載されていますが、 その間の国々の事が簡単に記載されています。それによると各国の戸数は次のとおりになっています。

地名戸数想定人口備  考
対馬国(対馬)1,000余戸6千人対馬は縦長の島で、かつ二つの島から成っているので、戸数はこの数より大分多かったと思われます。現人口3万3千人
一大国(壱岐)3,000余戸1万8千人現人口2万8千人
末盧国(松浦)4,000余戸2万4千人晋は有事の際の為に、海軍力を擁する松浦の情報に非常に興味があったと思われます。松浦市の現人口2万5千人
伊都国(糸島)1,000余戸6千人糸島は土地も広く農業も盛んな所なので居住地区は分散していたと想像されます。1,000余戸という数字は前原か今宿の海岸沿いの地域の戸数と思われます。
奴国(福岡)20,000余戸12万人戸数から見て1800年前の当時も北部九州の中心地だったと思われます。
不彌国1,000余戸6千人不彌国(ふみこく)は福岡の宇美町とも福間(現福津市)ともいわれ、どこにあったのか意見が別れています。
投馬国50,000余戸30万人邪馬台国畿内説を採ると淀川河口周辺にあった一都市、または出雲から鳥取にかけての一都市だと思われます。
邪馬台国70,000余戸42万人邪馬台国畿内説を採ると奈良盆地にあった一都市だと思われます。
根拠はありませんが、想定人口は1戸6人で算出しています。



ここでは末盧国を長崎県松浦市としましたが、松浦川や虹ノ松原が現存することや松浦佐用姫(まつらさよひめ)伝説が残ることから佐賀県唐津市の可能性が高いと思われます。
(2011.6.5)






【熊襲の抵抗】
(300年代)
浮羽島(うきは市)

歴史上実在が認められている初めての天皇は崇神天皇ですが、その崇神天皇は共和国であった倭国を中央集権化するため、「四道将軍」を発し倭国統一を目指します。これが西暦200年代後半の事だと思われます。「四道将軍」の四道とは北陸道、東海道、山陽道、丹波の四方面のことで、各将軍は共和国諸国の大和政権への帰属を確認しながら進んでいったものと思われます。一部抵抗勢力もあったと思われますが元々倭国の勢力範囲まではそれ程、苦労することもなく進んだと思われます。ただ出雲では様々な懐柔策が必要だったようで、そのことが実感できる逸話がいくつか残っています。これが崇神天皇の子、垂仁天皇の時代に当たります。
その後、山陽道の軍は九州に入り、小部族との衝突はあったものの九州北部統一まではおおまか予定どおり進みます。しかし日向に進むと熊襲が徹底的な抵抗を示します。これが崇神天皇の孫の景行天皇の時代です。景行天皇とその息子、日本武尊(やまとたけるのみこと)は自ら熊襲討伐に出向き成果を収めたそうですが、日本武尊の息子、仲哀天皇の頃も熊襲は健在だったようで、仲哀天皇も熊襲討伐に意欲を燃やしたようです。そして「日本書紀」では、仲哀天皇の没後、神功皇后の時代に熊襲が服従したと記載されています。


■日本書紀に記される景行天皇の九州遠征

景行12年8月15日熊襲が貢物を送らなかったため筑紫に向かう。

景行12年9月5日周芳(すおう)の娑麼(さば・山口県防府市佐波)に着く。

景行12年9月豊前長峡県(ながおのあがた・行橋市長尾)に着き行宮をたてる。

景行12年10月碩田国(おおきたのくに・大分市)に着き、来田見邑(きたみむら・竹田市久住)に仮の宮をたて禰疑野(ねぎの・竹田市南生地区)の土蜘蛛(土豪)を滅ぼす。

景行12年11月日向国へ着き行宮・高屋宮(西都市高屋)をたてる。

景行12年12月熊襲攻略を開始。謀で熊襲・八十梟帥(やそたける)を討つ。

景行13年5月熊襲を平定し、その後5年ほど高屋宮に滞在。

景行17年3月12日子湯県(西都市)に遊ぶ。

景行18年3月大和に戻るため高屋宮を出発し、夷守(ひなもり・小林市)に着く。

景行18年4月3日熊県(人吉市)に着き、来訪しなかった弟熊(おとくま)を討つ。

景行18年4月11日葦北の水島(球磨川の河口にある小島)にて宿泊。

景行18年5月1日海路、八代に着く。

景行18年6月3日高来県(諫早市高来)から玉杵名邑(玉名市)に着き、土蜘蛛・津?(つつら)を討つ。

景行18年6月16日阿蘇国(阿蘇市)に着く。

景行18年7月4日筑後国の三毛(大牟田市三池)に着く。

景行18年7月7日八女県(八女市)に着く。

景行18年8月的邑(いくはのむら・うきは市)に着く。

景行19年9月20日大和に帰還する。



これらの中央集権化の動きは「日本書紀」に記載されているもので、神話と見る向きもあるようです。

(2011.6.26)






【三国動乱の朝鮮へ】
(300年代~600年代)

倭国は、西暦300年代に三国時代(高句麗、新羅、百済)の朝鮮へ進出し伽耶に駐屯します。 そして新羅が伽耶諸国を併合した西暦500年代中頃までには朝鮮半島から撤退したものと思われます。
この経緯とその後を年表で表記します。


■三国動乱の朝鮮へ■

年代 出来事 出典 天皇
300年代 熊襲の抵抗。
仲哀天皇が崩御し「熊襲との戦」から「新羅との戦」へ移行。
日本書紀 景行天皇
(日本武尊)
仲哀天皇
329年頃 日本書紀の記述ではこの頃に神功皇后が朝鮮半島に侵攻したと思われる? 日本書紀 不在
372年頃 百済の近肖古王と太子の貴須が倭国王「旨」に「七支刀(七枝刀)」を送る。 七支刀の銘文
日本書紀
応神天皇
389年頃 日本書紀の記述ではこの頃に神功皇后が崩御したと思われる。 日本書紀 応神天皇
391年 倭国が朝鮮半島に侵攻し、百済、新羅を破り臣従させる。 好太王碑 応神天皇
393年 倭国軍が新羅の都を包囲する。 三国史記 応神天皇
397年 百済が倭国へ人質として王子を送る。 三国史記 応神天皇
399年 倭国が百済と同盟し新羅に攻め込む。新羅は高句麗へ救援を求める。 好太王碑 応神天皇
400年 高句麗が5万の兵で新羅を救援に向かうと倭国は退却するが、 それを追うと隙を突いて安羅(伽耶の一国)軍が新羅の都を占領した。 好太王碑 応神天皇
402年 新羅が倭国へ人質として王子を送る。 三国史記 応神天皇
404年 倭が帯方郡に侵攻してきたが、高句麗軍はこれを攻めて撃破した。 好太王碑 応神天皇
413年 倭王讃が東晋に朝献。 晋書 仁徳天皇
421年 倭王讃が宋に朝献し、武帝から除綬を給う。 宋書 仁徳天皇
425年 倭王讃が宋の文帝に朝献。 宋書 仁徳天皇
430年 倭王、宋に朝献。 宋書 仁徳天皇?
432年頃 履中天皇即位。(在位5年で病のため崩御) 履中天皇
438年 倭王讃没し弟珍立つ。この年、宋に朝献し自ら「使持節都督倭、百済、新羅、任那、秦韓、慕韓、六国諸軍事安東大将軍倭国王」と称し任命を求める。
宋の文帝は珍を安東将軍倭国王に任命する。
宋書 反正天皇
443年 倭王済、宋の文帝に朝献し、安東将軍倭国王を認められる。 宋書 允恭天皇
451年 倭王済、宋の文帝から「使持節都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、六国諸軍事」を加号される。
安東大将軍に進号する。
宋書 允恭天皇
460年 倭王、孝武帝へ朝献。 宋書 允恭天皇?
462年 宋の孝武帝は、済の息子の興を安東将軍倭国王とする。 宋書 安康天皇
477年 倭王興、宋に朝献。
先立って興は没し弟の武立つ。武は自ら「使持節都督倭、百済、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、七国諸軍事安東大将軍倭国王」と称する。
宋書 雄略天皇
478年 倭王武は、自ら「開府儀同三司」と称し、叙正を求める。順帝、武を「使持節都督倭、新羅、任那、加羅、秦韓、慕韓、六国諸軍事安東大将軍倭王」とする。 宋書 雄略天皇
479年 南斉の高帝は倭王武を鎮東大将軍に進号。 南斉書 雄略天皇?
502年 梁の武帝は倭王武を征東大将軍に進号する。 梁書 雄略天皇?
512年 大伴金村が百済の要求に応じ、任那四県を割譲する。 日本書紀 継体天皇
527~
528年
磐井の乱が起こる。528年11月筑紫平野北部で戦うが磐井は破れ乱が平定される。 日本書紀 継体天皇
529年 近江毛野(おうみのけな)朝鮮に渡り、交渉のため新羅、百済の王の来訪を促すが、逆に攻められる。 日本書紀 継体天皇
531年 継体天皇が崩御する。   継体天皇
537年 新羅が任那へ侵攻したため、大伴金村の子、磐(いわ)と狭手彦(さてひこ)の兵を任那へ派遣した。 日本書紀 宣化天皇
562年 伽耶が新羅に併合される。 欽明天皇
562年 任那が降伏したため新羅に紀男麻呂(きのおまろ)を派遣するが任那を復興できず。 欽明天皇
そ の 後
660年 新羅・唐の連合軍が百済を滅ぼす。 斉明天皇
663年 中大兄皇子は百済復興のため朝鮮に出兵するが、白村江の戦いで新羅・唐の連合軍に敗れる。 日本書記 (中大兄皇子)
668年 新羅・唐の連合軍が高句麗を滅ぼす。 天智天皇
672年 「壬申の乱」で大友皇子を破った天武天皇が即位し新羅とは和平路線をとる。 天武天皇
676年 新羅が唐を追い朝鮮半島を統一する。 天武天皇

は倭国に関する出来事。
は朝鮮に関する出来事。
は中国の史書。

「倭の五王」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2011年6月11日(土)23:22
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E5%80%AD%E3%81%AE%E4%BA%94%E7%8E%8B

「好太王碑」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2011年6月12日(日)21:05
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E5%A5%BD%E5%A4%AA%E7%8E%8B%E7%A2%91




(2011.6.18)






【磐井の乱】
(527年)
岩戸山古墳の石人石馬

継体天皇は527年、対新羅戦のため任那に近江毛野(おうみのけな)率いる兵6万を送ろうとしますが、筑紫国造の磐井が乱を起こしこれを阻みました。 これは「新羅からの内応要請」や「朝鮮半島での戦役の負担への反発」などが理由とされています。
磐井は肥後と豊後を押さえ、朝鮮からの朝貢船を奪います。 これに対し継体天皇は物部麁鹿火(もののべのあらかひ)を将軍とし鎮圧に向かわせます。 戦いは528年、三井郡大刀洗町付近で行われ磐井は破れ、斬られたとも豊前方面に逃れそこで死んだともいわれています。
現在、八女市にある岩戸山古墳が生前、磐井のために造られた墓ではないかといわれています。


この頃、朝鮮半島では新羅が急速に力をつけて来た時期で、この事件の32年後の562年に伽耶を併合します。 伽耶を支援していた倭国に対抗して、新羅が九州の実力者磐井に資金を贈って同盟を申し込むといった行動は、戦略として十分ありえる話と思われますが、これだけを理由に磐井が乱を起こしたと考えるのは難しいと思います。 やはり戦役の負担への反発が一番大きな理由だったのではないでしょうか、継体天皇が任那に送ろうとした兵6万の一部、もしくは半数、もしかしたらその全てが磐井に要請された兵だったのかもしれません。

(2011.6.12)

関連記事:磐井,近江毛野