幕末・維新



【平野國臣の倒幕活動】
(1858~1864年)
中央区西公園 平野國臣銅像

平野國臣が歴史の表舞台に登場するのは、1858年の「安政の大獄」で幕府に追われる僧・月照の警護役で薩摩藩まで付き添った時だと思われます。結局、薩摩藩は月照を受け入れず、西郷隆盛は月照と共に錦江湾へ入水します。西郷は助けられ月照は没しますが平野國臣はこの船に同船していたといわれています。
それから約3年後の1862年4月に國臣は薩摩藩士と共に京都所司代襲撃を計画しますが、島津久光の命を受けた別の薩摩藩士に捕らえられ、福岡藩に引き渡されます。國臣は福岡で投獄されますが、そこでは筆を与えられなっかたためコヨリで文字を作り紙に貼り付け文章を書きます。これが「平野國臣紙撚文書」といわれるものです。
翌年の1863年3月には許され京都に上りますが「8月18日の政変」が起こり尊王派は京都から追われます。そこで10月に七卿の一人の沢宣嘉を擁し天領の生野で挙兵(生野の変)しますが主導部の意見が一致せず、あえなく失敗、捕縛され京都の六角獄へ投獄されます。
そして翌年7月に起こった「禁門の変」で京都には各地で火災が発生し、六角獄の近くまで延焼したため、囚人の脱走を恐れた幕府役人に処断され斬首されました。
子母沢寛氏の「新選組始末記」には、この時の生々しい状況が、牢獄内にあった村井正礼(まさのり)の手記「縲史」に記載されていることを紹介しています。

京都に戦火が広がり六角獄へも近づくと、獄舎は慌しくなり平野國臣等「生野の変」や「天誅組」の者たち、長州の志士が牢獄より引き出されます。牢獄内に残された村井正礼は何事かと様子を窺います。

「既ニシテ刑壇ニ声在り、動静啻(タダ)ナラズ、卒(タチマ)チ聞ク国臣(平野)ノ絶命ノ歌ヲ一過スルヲ、刀声に随(シタガ)ッテ断頭ノ響アリ、予キョ然タリ(私は言葉を無くしたの意)。」

      「憂國十年 東走西駈 成敗天に在り 魂魄地に歸す」

この事件の翌日に天王山で真木和泉が自刃しており、筑前筑後の二大巨頭は時を同じくして壮絶な最後を遂げることとなりました。







【真木和泉-禁門の変-】
(1864年)
久留米水天宮 真木和泉銅像

1863年、8月18日の政変で会津・薩摩の両藩に追われた長州藩は京都を去りますが、長州藩士と共に攘夷活動を行っていた真木和泉も七卿の護衛をし長州へ落ち延びます(七卿落ち)。翌年7月に長州藩は兵を挙げ再び京都へ向いますが、真木和泉も九州を中心とする攘夷志士を率いこの軍に加わります。京都市街では各地で火の手があがり激しい戦いとなりますが、結局は会津・桑名・薩摩に破れ西へ敗走する事になります。その途中、真木和泉の隊は長州へ帰還することを止め天王山に登り陣を取ります。

子母沢寛氏の「新選組始末記」には真木和泉と同士たちの最期が記されていますが、その概要は次の通りです。
「禁門の変」で長州勢の敗色が濃くなると逃げ帰るのを潔しとせず、同士16名と共に天王山へ登ります。 そこへ新選組と会津藩兵が駆けつけると、真木和泉は金色の烏帽子に直垂の姿で山巓(さんてん)に現れ声高に名乗り、朗々と詩を吟じます。 その大胆な態度に、新選組はその姿をただじっと見つめていたといいます。 そして吟じ終わると、真木隊の大砲小銃の射撃が始まります。新選組は射撃が止むまで待ち、山上へ駆け上りますが、 その時、真木隊本営からは焔が上がり同士一同が自決した後だったということです。







【五卿の大宰府入り】
(1865年)
赤間宿 五卿西遷之遺跡

会津と薩摩の軍が1864年「禁門の変」で長州軍を破ると、幕府は長州征討の勅命を受け兵15万を広島に集結させます。 これに長州藩は恭順の意を表し、三家老を切腹させ五卿を他藩に送るという条件に従いますが、この五卿を引き受けたのが福岡藩です。 藩では五卿を迎えるため幽閉中の勤皇家・月形洗蔵の罪を赦し、早川養敬と共に五卿を迎えるため下関まで向かわせます。 二人に大宰府入りを説得された五卿は承諾し筑前に向かいますが、福岡藩の真意を測りかねたためか、 途中の赤間宿(筑前)に一月ほど滞在します。この間、薩摩、長州、土佐、筑前勤皇党の志士たちが慌しく面談していますが、 これは五卿の安全の保障や警護について協議していたものと思われます。そして1865年2月13日に五卿は無事大宰府の延寿王院に入ります。


(2011.6.4)

関連記事:五卿,七卿






【乙丑の獄】
(1865年)

1864年、長州征討を受けた長州藩は一旦恭順を示しますが、 筑前・平尾山荘に逃れていた高杉晋作は同年12月に下関へ戻り挙兵、 翌1月には幕府へ恭順を示す保守派を倒し、幕府への対決姿勢を明らかにします。 これに神経を尖らせた幕府首脳は五卿の元に集まる志士や筑前勤皇党の不穏な行動を突きつけ、 福岡藩に立場を明確にするよう強く迫ったものと思われます。 このような幕府の圧力により1865年6月、藩主黒田長溥(くろだながひろ)の命で筑前勤皇党の藩士は捕縛拘束されます。 そして10月には家老加藤司書以下7名切腹、月形洗蔵以下14名斬首、その他流刑、謹慎は100名以上という処罰者を出し、筑前勤皇党は壊滅します。 以後は佐幕派の野村、浦上、久野の三家老が藩政を執ることになります。 これが「乙丑の獄」といわれる政変で、福岡藩は薩長土にパイプを持つ主だった人材を失うことになります。
そして翌1866年6月には第二次長州征討が行われますが、不参加の藩や離脱する藩が出たことにより幕府は長州と停戦せざるおえなくなり、 翌1867年10月に最後の将軍の徳川慶喜は大政を奉還し、徳川幕府は終焉を迎えます。 これに代わって朝廷と薩長土を中心とする新政府が政権を握ることになりますが、 「乙丑の獄」で新政府への足がかりをなくしていた福岡藩は徐々に苦しい立場に追い込まれて行く事になります。

(2011.7.2)






【戊辰戦争に福岡藩出兵】
(1868~1869年)

1867年10月24日、将軍の徳川慶喜が大政奉還を行うと、12月9日に朝廷は王政復古の大号令を発します。 翌年1月3日にはついに鳥羽伏見で薩摩軍と旧幕府軍の間で発砲が起こり、1年と5ヶ月に及ぶ戊辰戦争が始まります。
新政府は天皇の名の下に各藩へ出兵の命を発し福岡藩もこの命に従いますが、 ここで福岡藩は旧幕府に対する礼節なのか、多くの訓練されていない募集兵を送ります。 これを知った新政府は「五卿に対する冷遇」や「筑前勤皇党の粛清」の過去を挙げ、福岡藩を強く非難し圧力を掛けます。 福岡藩より出兵した将兵も薩長の軍や公卿たちから謗りを陰に陽に受けたようで気の重い従軍だったと想像されます。
1868年4月11日、旧幕府は江戸城の無血開城で事実上倒壊しますが、 これと時を同じくして新政府の圧力を受けた福岡藩では藩主黒田長溥の懇願に近い命により佐幕派だった野村、浦上、久野の三家老が切腹します。
そして戊辰戦争は1869年5月、箱館五稜郭にこもる旧幕府軍が降伏して終結しますが、 この間の福岡藩の戦費調達のための借財は取り返しのつかない130万両という膨大な額に膨らんでいました。 この借財に窮した福岡藩は1870年にとうとう贋札発行に手を出し、藩知事黒田長知(くろだながとも)は免職、 元家老等5名が斬首という厳しい処分を受けることになります。

(2011.7.3)

関連記事:戊辰戦争,贋札






【秋月の乱】
(1876年)

1874年に江藤新平を中心として起こった「佐賀の乱」から2年後、1876年3月28日に廃刀令が発せられると、西日本各地の士族が募る不満を爆発させます。 10月24日には熊本で太田黒伴雄が率いる170名の士族(神風連)が乱を起こし、 そして3日後の10月27日、福岡秋月では宮崎車之助等が熊本の神風連に呼応し二百数十名で決起しました。 続いて翌日の10月28日に元参議の前原一誠を中心とする兵200名が山口・萩にて決起します。
しかし「神風連の乱」は翌朝に、「萩の乱」は10日程度で鎮圧されます。 「秋月の乱」でも決起することを約束していた豊津(幕末期の小倉藩)の士族は拘束され立てず、 呼び掛けに応えると期待された佐賀の士族も動かず、孤立無援の状態に陥ります。 そして10月31日には中心となった宮崎車之助等7名が自刃し「秋月の乱」は収束へと向かいます。


(2011.7.12)

関連記事:秋月






【福岡の変】
(1877年)

熊本、秋月、萩の乱が醒め遣らぬ1877年2月、薩摩の私学校生たちの暴発に引きずられる様に西郷隆盛が決起すると、 福岡でも薩軍に呼応するため元福岡藩士の武部小四郎や越智彦四郎が準備を始めます。 そして薩軍の決起より約2ヵ月後の3月27日、200名余りで兵を挙げますがこの頃、 薩軍は田原坂周辺で政府軍との戦闘中で一進一退を繰り返す状況でした。 田原坂より100キロほど北方の福岡は政府軍の勢力圏で、頻繁に本州から下って来た政府軍の援兵が熊本方面へ南下して行きます。 福岡城の襲撃に失敗した越智彦四郎率いる約150の兵はこの様な状況の福岡に留まる訳にもいかず、薩軍に合流するため南へ向かいます。 途中で轟警察署(鳥栖)を襲いますがここでも失敗、熊本への行軍を断念し目的地を秋月へ変更します。 その途の小郡北部で官軍の挟撃に合い30名以上が斃れます(彼岸土居古戦場)。 残った兵は秋月方面に逃れますが、政府軍に抵抗する力も尽き捕縛されます。
5月2日、越智彦四郎、加藤堅武、久光忍太郎、村上彦十が斬首、博多に潜伏していた武部小四郎もこの日に捕縛され翌3日に斬首されました。 これは、西南戦争が終結する4ヶ月前のことでした。
これにより武力による新政府への抵抗は終わりを告げますが、「秋月の乱」や「福岡の変」に参加し生き残った若者たちは自由民権運動に走り、 また「玄洋社」を立ち上げ日本の政治に深く関わって行くことになります。


この変で斬首された加藤堅武、武部小四郎は「乙丑の獄」で切腹した筑前勤皇党の加藤司書、建部武彦の子息であり、 幕末から明治維新へかけて福岡藩の人々の苦悩の深さを感じざるを得ません。

(2011.7.16)