奈良



【道君首人の農政改革】
(713年)
大善寺町夜明神社の首人塚

若き頃に法律を学び官僚としても優秀だった道君首名(みちのきみおびとな)は53歳の頃に筑後守として赴任します。 年齢からして第一線を退き、引退までの繋ぎの赴任だったのかもしれませんが、 首名は筑後で果物や野菜の栽培、畜産を促進し、また同時に灌漑対策も進め農政に力を入れます。 そして農民にも分かり易い箇条書きの規則を発布し、それに従わない者には罰則を科しました。 その強引な手法に人々の中には首名を陰で罵る者も多かったのですが、徐々にその政策の成果が見え始めると陰口を言うものは居なくなったといいます。 首名は自らの政策が必ずや筑後の民の生活を安定したものにすると確信していたのでしょう。 そして718年、政策の効果を実感した首名は57歳で亡くなります。筑後に赴任して4年程の事でした。
朝廷の人々は首名の死を惜しみその功績を讃えたと「続日本紀(しょくにほんぎ)」で伝えられています。

  

   
■道君首人(みちのきみおびとな)の経歴

700年6月17日(39才)大宝律令の選定に参加する。

701年6月1日(40才)大安寺で大宝律令の「僧尼令」の講説(説明)を行う。(正七位下)

711年4月7日(50才)従五位下に叙せらる。

712年9月19日(51才)遣新羅大使に任じられる。

712年10月28日(51才)新羅へ出発のため元明天皇に拝謁する。

713年8月10日(52才)新羅より帰国。

713年8月26日(52才)筑後守に任じられ、肥後も治める。

715年1月10日(54才)従五位上に叙せらる。

718年1月5日(57才)正五位下に叙せらる。

718年4月11日(57才)死去。



(2015.1.17)

関連記事:首人






【奈良時代の権力闘争】
(716年)

奈良時代というと個人的には ほのぼのとしたイメージが強いのですが、かって文豪が書いた「兎角にこの世は住みにくい」という言葉の如く、この時代も他の時代を凌ぐ熾烈な権力闘争が繰り広げられていました。

729年、時の実力者の長屋王が邸宅を朝廷の軍勢に囲まれ自害します(長屋王の変)。これは藤原四兄弟(藤原鎌足の孫)との政治的軋轢が原因ではと言われています。
その四兄弟が737年に流行病で次々に死去すると、皇族の橘諸兄(たちばなもろえ)が右大臣となり政権を握ります。 唐の留学より帰国した玄昉(げんぼう)と吉備真備(きびまきび)はその元で改革を行ったものと思われます。 それとは逆に藤原四兄弟の三男・宇合(うまかい)の息子、藤原広嗣(ふじわらひろつぐ)は大宰府に左遷されます。 そして現政権に不満を募らせた広嗣は玄昉と吉備真備を弾劾する兵を挙げますが、朝廷軍に敗れ斬られます。
その後も権力闘争は収束せず5年後には、玄昉が観世音寺の造営を名目に筑紫に左遷され、翌年に死去します。そして、またその5年後には、吉備真備が筑前守に左遷されます。

この間、藤原四兄弟の長男・武智麻呂(むちまろ)の息子・藤原仲麻呂(なかまろ)と諸兄の息子・橘奈良麻呂(ならまろ)は次々に階位を上げて行きます。特に仲麻呂の出世は驚異的で、この10年で正五位下から従二位までに登り詰めています。

一方、大宰府に左遷された吉備真備は、大伴古麻呂(おおともこまろ)と共に遣唐副使として唐に渡り遣唐使の役目を果たします。そして大伴古麻呂は鑑真和上を伴い帰国しますが、吉備真備もこの鑑真和上の来日に関わったのではないかと言われています。

755年11月、橘諸兄の家人が諸兄の太上天皇(聖武天皇)に対する失言を訴え出たため、翌年に諸兄は左大臣を辞職し、翌々年には死去します。諸兄の失脚で藤原仲麻呂が政権を手中に収めますが、これに諸兄の息子・橘奈良麻呂は仲麻呂を退ける計画を立てます。 しかし、事前に事が洩れ捕縛され、遣唐副使だった大伴古麻呂らと共に拷問の末に死亡します。
仇敵を一掃した藤原仲麻呂は従兄妹に当たる孝謙天皇を後ろ盾に権力を確かなものとしますが、764年に孝謙天皇が寵愛する僧・道鏡が政治に影響を及ぼし出すとこれを除こうと兵を起します。 しかし、近江で朝廷軍に敗れ斬られます。この時、孝謙天皇より討伐を命じられた吉備真備は仲麻呂が逃れる進路を予測し兵を配し、乱を早期に平定する功があったといわれます。

道鏡はその2年後に法王の地位に就き、飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、770年、称徳天皇(孝謙天皇)が崩御すると、皇太子の白壁王により下野の薬師寺(東戒壇)に左遷されることになります。

775年、この時代の熾烈な権力闘争の渦中にありながら吉備真備は83歳の天寿を全うします。早い時期に大宰府に左遷され政争に巻き込まれる機会が少なかったのが真備に幸いしたのかもしれません。
晩年になって彼はこの権力闘争の時代を振り返り、何を考え、何を思ったのでしょうか・・・・・。





■奈良時代の権力闘争■


716年 2月10日玄昉と下道真備が阿倍仲麻呂と共に唐に渡る。 玄宗皇帝は玄昉を尊んで紫の袈裟を着用させる。

729年 2月10日長屋王の変が起こる。(藤原氏との政争が原因とされる)
3月4日葛城王(橘諸兄)が正四位下に任じられる。

735年 2月7日唐の留学から帰国した玄昉は多くの経典や仏像を持ち帰る。同じく下道真備は天文書や天文測定器や楽器や兵器などを持ち帰る。

736年 2月7日玄昉に百戸と童子8人を与えられる。

737年 4月17日藤原不比人の次男・房前(ふささき、正三位)が死去する。
7月13日不比人の四男・麻呂(まろ、従三位)が死去する。
7月25日不比人の長男・武智麻呂(むちまろ・正一位)が死去する。
8月5日不比人の三男・宇合(うまかい・正三位)が死去する。
8月26日玄昉が僧正に任じられる。
8月28日藤原宇合の長男・広嗣が従五位下に叙せられる。
12月27日玄昉が聖武天皇の母の藤原宮子に謁見し病を癒す。
下道(吉備)真備が従五位上に叙せられる。

738年 1月13日橘諸兄が正三位に叙せられ、右大臣に任じられる。
7月10日大伴子虫(おおともこむし)が中臣東人(なかとみのあずまびと)と囲碁の最中に東人が長屋王を陥れた事を知り、その場で東人を斬り殺す。
12月4日藤原広嗣が大宰少弐に任じられる。(左遷とされる)

740年 1月13日藤原仲麻呂が正五位下に叙せられる。
5月10日橘奈良麻呂が従五位下に叙せられる。
8月29日大宰少弐の藤原広嗣が僧正・玄昉と下道真備を弾劾し追放を求める。
9月3日藤原広嗣が大宰府で兵を挙げたため、聖武天皇は討伐を命じる。(藤原広嗣の乱)
9月4日橘諸兄が討伐軍を出発させる。
10月9日板櫃川の戦い。朝廷の勅使に大義がないことを指摘され藤原広嗣は兵を引く。
11月3日藤原広嗣が捕縛され、二日後に斬刑に処される。
11月21日橘諸兄が正二位に叙され、藤原仲麻呂が正五位下に叙される。

742年 1月5日大宰府が廃止される。

743年 5月5日橘諸兄が従一位に、藤原仲麻呂が従四位上に、下道真備が従四位下に、橘奈良麻呂が五位上に叙せられる。
12月26日筑紫に鎮西府が置かれる。

745年 1月7日藤原仲麻呂が正四位上に叙せられる。
1月21日行基法師が大僧正に任じられる。
6月5日大宰府が復活する。
11月2日玄昉法師が筑紫の観世音寺の造営を名目とし、左遷される。
11月17日玄昉の財物が没収される。

746年 4月22日藤原仲麻呂が従三位に叙せられる。
6月18日玄昉が観世音寺にて死去。天皇に寵愛され、僧侶に反する行動が多かったために人々より憎まれたといわれ、世間では藤原広嗣の祟りと噂される。
10月19日下道真備が吉備姓を賜る。

747年 1月20日橘奈良麻呂が正五位下に叙せられる。

748年 3月22日藤原仲麻呂が正三位に叙せられる。

749年 2月2日大僧正・行基和尚が死去。
4月1日橘奈良麻呂が従四位上に叙せられる。
4月14日橘諸兄が正一位に叙せられる。
7月2日孝謙天皇が即位する。
吉備真備が従四位上に叙せられる。

750年 1月10日吉備真備が筑前守に左遷される。
1月16日藤原仲麻呂が従二位に叙せられる。

751年 11月7日吉備真備が遣唐使の副使に任命される。

753年 12月7日吉備真備の船が屋久島に着く。

754年 1月16日橘奈良麻呂が正四位下に叙せられる。
大伴古麻呂が唐僧・鑑真を伴って帰国。吉備真備の船が紀伊国に漂着(日付は不明)。
4月7日帰国した大伴古麻呂と吉備真備が正四位下に叙せられる。

755年 11月橘諸兄の家人が、諸兄に太上天皇(聖武天皇)に対する無礼な発言があった事を訴え出る。

756年 2月2日左大臣で正一位の橘諸兄が辞職。
5月2日太上天皇(聖武天皇)が崩御。
6月22日大宰大弐の吉備真備が怡土城の築城開始。

757年 1月6日橘諸兄が死去。
6月28日橘奈良麻呂の(藤原仲麻呂を退けるための)謀議が発覚する。
7月4日橘奈良麻呂、大伴古麻呂らが捕縛、拷問を受け自白。首謀者は拷問で死亡する。(橘奈良麻呂の乱)

758年 7月4日藤原仲麻呂に恵美押勝の名が与えられる。
8月1日淳仁天皇が即位する。
12月10日吉備真備に外冦に備えるよう命が出される。(唐では案禄山の乱が起こっていたため)

760年 7月4日藤原仲麻呂が従一位に叙せられる。
11月10日官吏6名を大宰府に遣わし、吉備真備より諸葛亮の「八陳」・孫子の「九地」などを学ばせる。

762年 5月23日称徳天皇と淳仁天皇の仲に亀裂。

763年 5月6日大和上(だいわじょう)の鑑真が死去。
9月8日称徳天皇が興福寺・少僧都(しょうそうず)の慈訓法師の任を解き、道鏡法師を少僧都に就ける。

764年 1月21日吉備真備が造東大寺長官に任命される。真備はこの頃に大宰府より中央に戻ったと思われる。
9月11日藤原仲麻呂が道鏡法師を除くために乱を起こす。
称徳天皇が吉備真備に従三位を授ける。藤原仲麻呂は近江から越前に向かう。
9月18日藤原仲麻呂は琵琶湖西岸で捕らえられ家族共々斬られる。
9月20日称徳天皇が道鏡禅師を大臣禅師に任じる。
10月9日淳仁天皇が淡路に流される。

765年 10月22日淳仁天皇が配所より逃げるが、連れ戻され翌日に薨じる。
閏10月2日道鏡を太政大臣禅師に任じる。

766年 10月20日道鏡が法王に位に就く。

768年 2月28日吉備真備が築城に着手した怡土城(糸島市高祖山)が完成する。

770年 8月4日称徳天皇が崩御。
8月21日皇太子の白壁王が道鏡を下野の薬師寺の左遷する。
10月1日白壁王が光仁天皇として即位する。

772年 4月7日下野国より「薬師寺別当の道鏡が死去」との言上。

775年 10月2日正二位で前右大臣の吉備真備が83歳で死去。

色の文字で書かれた部分は筑紫に関連する出来事

-参考 「続日本紀」(宇治谷孟氏/講談社学術文庫)-



関連記事:奈良






【藤原広嗣の乱】
(740年)

天然痘の流行で当時の有力者、藤原四兄弟(藤原不比等の息子たちで藤原鎌足の孫にあたる)が立て続けに没すると、 反藤原氏の橘諸兄(たちばなのもろえ)が権力を握ります。 藤原四兄弟の三男宇合(うまかい)の息子、藤原広嗣(ひろつぐ)は、 藤原氏の勢力を盛り返そうとしますが、反藤原勢力の勢いが強く結局、大宰府に左遷されます。 大宰府に入った広嗣はそこで挙兵しますが、小倉の板櫃川(いたびつがわ)で朝廷軍に破れ、朝鮮半島へ逃れようとします。 しかし嵐に遭い果たせず値嘉島長野村(五島?)に潜伏しているところを捕らえれ唐津で斬られました。 これが「藤原広嗣の乱」です。
その十数年後、藤原四兄弟の長男武智麻呂(むちまろ)の息子、藤原仲麻呂が権力を握ると、756年橘諸兄は失脚し、 翌年死去します。その年諸兄の息子、奈良麻呂も謀反の罪で捕らえられ獄死することになります。

蛇足になりますが、この藤原仲麻呂自身もこの8年後の764年、 孝謙上皇に取り入った僧、弓削道鏡を除くため謀反を起こし一家共々斬られることになります。

再び蛇足になりますが、この道鏡も770年に後ろ楯であった称徳天皇(孝謙上皇)が崩御すると力を失い「東戒壇」の下野薬師寺に左遷され、 2年後にその地で死去します。

(2011.6.9)






【鑑真和上来日】
(753年)

日本の留学僧から来日を懇願された唐の高僧・鑑真は出国を決意しますが、暴風に遭遇したり、身を気遣う弟子や玄宗皇帝の反対で 渡航の失敗・中止を繰り返します。 そして11年の苦難の末、6回目の渡航でようやく来日を果たし、筑紫の観世音寺で初の授戒を行います。 翌年には奈良東大寺に移り、そこで聖武上皇や孝謙天皇の他、多く僧に授戒を行います。 759年唐招提寺を建立し、その地で763年入寂しました。

「これ法の為の事なり 何ぞ身命を惜しまんや 諸人行かざれば 我即ちいくのみ」
これは仏法のためであり なんで命を惜しもうか 誰も行かないのであれば私が(日本へ)行くのみではないか

「愁うることをもちいざれ よろしく方便を求めて 必ず本願遂ぐべし」
悩むことなどはない 様々な方法を思考錯誤し 必ず本願を叶えることが重要なのだ


鑑真和上については井上靖氏「天平の甍」に詳しく書かれていますので、興味のある方はご参照ください。

(2011.5.20)

関連記事:鑑真






【戒壇院建立】
(761年)
戒壇院本堂

753年渡日した鑑真和上は観世音寺に入り初の授戒を行いますが、 その18年後の761年、その地に戒壇院が建立されました。ここは「西戒壇(さいかいだん)」とも呼ばれ、 東大寺の「中央戒壇」と下野薬師寺の「東戒壇」とともに天下の三戒壇とされました。

(2011.5.18)

関連記事:戒壇院,鑑真






【神託事件-豊前の伝説-】
(769年)
妙見宮和気清麻呂公像

宇佐八幡宮神託事件は「続日本記(しょくにほんぎ)」に書かれている出来事です。
その記事は769年、称徳天皇の怒りの詔(みことのり)から唐突に始まります。
「臣下というものは、君主に従い清く貞しい明るい心をもって助け守り、無礼な面持ちをせず、よこしまで偽ったり、へつらい曲がった心を持たず仕えるものである。しかし、(和気)清麻呂とその姉・法均は偽りの話を作り大神の言葉として上奏した。そこで国法によって両人を退ける事とする。またこの件で、清麻呂と事を謀った者がいるのは判っているが、今回は慈しみ哀れんで免罪とする。しかし、このような行為が重なった者は国法に従って処罰する。心を改め貞しい心を持って仕えるようにせよ。」

神託事件の経緯は次の通りです。
764年に時の権力者・藤原仲麻呂が失脚し斬られると、その2年後に弓削道鏡は称徳天皇の後ろ盾もあって法王にまで登り詰めます。そして768年には弟の弓削浄人(ゆげきよひと)が大宰帥(だざいのそち)に就き、その後の大宰府の主神(かんづかさ)・習宜阿曾麻呂(すげあそまろ)が宇佐八幡宮の神のお告げと偽って「道鏡を皇位に即(つ)ければ天下は太平になるだろう」と上奏します。道鏡はこれに気を良くし、道鏡に傾倒する称徳天皇も道鏡を皇位に就けようと和気清麻呂を玉座に招き、姉の法均に代わって宇佐八幡宮へ行き神託を受けて来る様に命令します。
清麻呂の出発に際し、道鏡は清麻呂に吉報をもたらせば官職官階を重く上げようと持ちかけますが、その後、宇佐八幡宮で宣託を受けた清麻呂は帰京し、宣託のまま「皇位には皇統の人を立てよ。無道の人は早く払い除けよ」と上奏します。
この清麻呂の上奏の後に冒頭の称徳天皇の詔がつながるのです。

天皇の命で和気清麻呂は別部穢麻呂(わけべきたなまろ)と改名、法均の名は広虫売(ひろむしめ)に戻され、道鏡によってそれぞれ因幡(鳥取県東部)と備後(広島県東部)に配流されます。清麻呂には因幡に到着する前に再び詔が出され大隅(鹿児島県東部)に配流される事になります。
「日本後記」では、大隅に向かう清麻呂に害を及ぼそうと道鏡は追手を差し向けたとされます。しかし豊前に着いた清麻呂の前に多くの猪が現れ、追手から守るように清麻呂を背に乗せて宇佐神宮へ送り届けます。その後、清麻呂は豊前・竹和山麓にしばらく滞在しますが、山麓の霊泉に足を浸すと足の傷が平癒し、以後この山を足立山と呼ぶようになったという伝説を残すことになります。

称徳天皇は冒頭の詔の数日後に「目にかなった人を新しく立てることは、心のままにせよ」と勅をし道鏡を皇位に就けることを諦め、翌年8月には崩御します。その同月に道鏡は下野国薬師寺に左遷され、弟の弓削浄人とその息子たちも土佐国に配流されます。そして9月には清麻呂と法均は配流先より都に戻ることになりました。


「続日本記」には大宰府で偽りの上奏をした習宜阿曾麻呂のその後は書かれていません。想像になりますがこの書で見る限り、阿曾麻呂の上奏を画したのは、直前に大宰帥に就いた弓削浄人ではないかと考えられ、道鏡の関与はなかったのかもしれません。
その道鏡は2年後に薬師寺で没しますが、権力を一時的に掴むも自身にも見えない時の流れに翻弄された人生だったのかもしれません。そしてその9年後には弟・浄人とその息子たちが郷里の河内国に戻ることを許されています。

参考引用「続日本記(中)」(宇治谷孟/講談社学術文庫)
(2018.5.7)