■検索結果■



検索の結果 50件の記事が見つかりました


勝海舟の黒田長溥・評(蘭学の先駆だった福岡藩)【意外な人物伝】
勝海舟は福岡藩第11代藩主・黒田長溥について氷川清話(講談社学術文庫)で次の通り語っています。 「幕府時代の大諸侯にして、最も早く外国の事に注意したるは黒.....

豊臣秀吉の筑前一夜城(1587年)【福岡史伝・戦国】
島津氏の九州制覇を阻止すべく1587年、豊臣秀吉は二十数万の軍を九州に上陸させ、自らも九州に乗込み小倉から行橋をまわって筑豊に入り、島津方の秋月種実の城を攻略し.....

野上一閑と三奈木弥平次(原鶴の一騎打ち)【意外な人物伝】
大友氏が島津氏に大敗を喫した耳川の戦いから3年、筑後平野では秋月氏や龍造寺氏が弱体化する大友配下の諸城に攻めかかります。これに大友宗麟は救援の軍を送りますが、こ.....

博多が初の「透頂香」とは!?(「ういろう」とはブランド名?)【Fアイテム】
「陳員外郎という者が1369年、元代末の乱をさけ博多に移住し、その後上京して将軍義満に種々の薬を献上した。義満はとりわけ透頂香(とうちんこう)を気に入り陳員外郎.....

神託事件-豊前の伝説-(769年)【福岡史伝・奈良】
宇佐八幡宮神託事件は「続日本記(しょくにほんぎ)」に書かれている出来事です。 その記事は769年、称徳天皇の怒りの詔(みことのり)から唐突に始まります。 「.....

親不孝通りの史跡(2018年4月7日)【余談】
先日久振りに所用で天神に出たので、ついでに親不孝通りに足を伸ばしました。 「親不孝通り」は随分以前に「親富考通り」に名称変更されたのですが、噂どおり「親不孝通.....

貝原益軒 屋敷跡(中央区荒戸)【名所旧跡・中央区】
.....

人参が嫌いな子は読むべからず(2017年11月18日)【余談】
益軒は養生訓・巻第三の末にこう書いています。 「心口にかなわざる物、食うべからず」 講談社学術文庫「養生訓」の訳者・伊藤友信氏は「心口にかなわざる物.....

宝石で雀を撃つが如し(2017年8月17日)【余談】
益軒は「養生訓」で次の通り語っています。 「宝石を礫(つぶて・石ころ)として雀を撃たば、愚なりとて、人必ず笑はん。・・・中略・・・かろき小なる欲を貪りて身を損.....

貝原益軒記想録をリリースしました。(2017年6月30日)【余談】
「益軒先生伝」を分離し新たに「貝原益軒記想録」としリリースしました。(分離と言ってもサブドメですが・・・).....


[1] [2] [3] [4] [5]


ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」