■検索結果■



検索の結果 14件の記事が見つかりました


蒙古碇石(福岡市東区箱崎宮境内)【名所旧跡・箱崎・粕屋・宗像】
碇石の後ろに見える石垣は、西南高校にある元寇防塁を一部移設展示したものです。 .....

岩門合戦-霜月騒動-(1285年)【福岡史伝・鎌倉】
「弘安の役」から3年後の1284年、北条時宗が病死すると鎌倉で御家人の安達泰盛と得宗家執事の平頼綱の確執が激しくなります。 翌1285年11月、両者間.....

弘安の役(1281年)【福岡史伝・鎌倉】
「文永の役」から6年後の1281年6月、元軍は二手に別れて侵攻してきました。 東路軍は元、高麗の兵4万、江南軍は元に降伏した南宋の兵10万、総計14万.....

源平合戦後の九州(1185年~)【福岡史伝・鎌倉】
「壇ノ浦の戦い」で平家が滅亡すると、平家側の武将であった原田種直は領地を没収され鎌倉で囚われの身となります。 そして九州には源頼朝が武藤資頼(すけより)、.....

鎌倉時代(二度の元寇と元弘の乱)【一夜漬け福岡史】
この時代には鎌倉幕府の思惑により武藤氏が大宰少弐に任命され赴任します。武藤氏は官位の少弐を名乗り、 平安時代の原田氏に代わり、筑紫の治安を守ることになりま.....

日本国王・良懐とは誰?(明の抗議に応対した親王)【意外な人物伝】
時は南北朝の時代、後醍醐天皇の皇子・懐良親王(かねながしんのう)は菊池武光の支援を得て1361年に大宰府を奪い、九州の北朝勢力をほぼ制圧します。 この懐良親王.....

文永の役に神風は吹いたか?(元軍が消えた理由は?)【意外な話】
1274年10月19日に博多湾に押し寄せた元軍は10月20日に百道、博多、箱崎と各地で暴れまわりますが、翌21日には博多湾より消え去ります。 この「文永の役」.....

福岡にも長城があった!(グーグルアースでも見れる「水城」跡)【意外な話】
664年、白村江の戦いで敗れた中大兄皇子は、唐、新羅の連合軍の反撃となる九州進攻に備え、博多の那の津にあった大宰府(官家)を現在の位置に移し、その防衛線として四.....

草野経永(?~?)【福岡人物伝】
筑後の御家人で父・草野永綱(くさのながつな)と共に「弘安の役」に参陣します。 博多湾に悠々と停泊する元の船団を目の当たりにした経永は「何とか一泡吹かしてやろう」.....

河野通有(1250年~1311年)【福岡人物伝】
伊予の御家人で「弘安の役」に博多湾岸警護に参陣します。 河野の軍は防塁を背に陣を張り元軍に怯るまない姿勢を見せました。 この陣は「河野の後築地(うしろついじ)」.....


[1] [2]


ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」