■検索結果■



検索の結果 11件の記事が見つかりました


「帆柱石」伝説とは?(大木が石化した珪化木)【Fアイテム】
帆柱石の碑と案内板 東区名島の海岸には「帆柱石」と呼ばれる。円柱形の化石があり国の天然記念物に指定されています。この石のネーミングは「神功.....

御笠の森(大野城市山田)【名所旧跡・宇美・大野城】
以前はこの森に神功皇后を祀る社があったようですが、現在は小さな祠(ほこら)と万葉の歌碑が置かれています。 この万葉歌については貝原益軒の「筑前国続.....

熊襲の抵抗(300年代)【福岡史伝・弥生・古墳】
歴史上実在が認められている初めての天皇は崇神天皇ですが、その崇神天皇は共和国であった倭国を中央集権化するため、「四道将軍」を発し倭国統一を目指します。これが西暦.....

宇美町は不彌国?(「日本書紀」の宇美町の地名由来)【わかっていない事】
「邪馬台国はどこ?」でも書いたように「魏志倭人伝」に記載されている「不彌(ふみ)国」は民家戸数比較や距離や方角からして 現在の宇美(うみ)町の可能性が高いので.....

神功皇后伝説は伝説?(朝鮮半島への進出)【わかっていない事】
仲哀天皇とその皇后、神功皇后は実在の人物かどうか意見が分かれているようですが、実在の人物と仮定すれば、西暦300年代前半あたりに存在した人だと思われます。以下は.....

卑弥呼は誰?(百襲媛(ももそひめ)は鬼道につかえる?)【わかっていない事】
「魏志倭人伝」には卑弥呼に関して次のような記述があります。 「 ~前略~ 一女子を立てて王となす。名を卑弥呼という。鬼道に事(つか)え、よく衆を惑わす。この年.....

万葉歌の意外な解釈(御笠の森に関する逸話)【意外な話】
思はぬをおもふといはば大野なる美笠の森の神ししるらん この歌は奈良時代に大宰大監(筑紫の警察長官)であった大伴百代(おおともももよ)の詠んだ万葉歌で、一般.....

源為朝(1139年~1170年)【福岡人物伝】
父親の源為義より勘当され九州にやって来た為朝は自ら鎮西八郎を名乗ります。 「鎮西」とは九州の治安を守る機関またはその統率者のことで、「八郎」は源為義の八男を表し.....

神功皇后(?~389年頃)【福岡人物伝】
仲哀天皇の后で朝鮮半島へ出兵し自らも向かいます。主に九州北部中心で活動した人物で、 その一帯には皇后を祭る神社・史跡や伝説が数多く残ります。仲哀天皇と同じく架空.....

仲哀天皇(?~362年)【福岡人物伝】
日本武尊(やまとたけるのみこと)の息子で熊襲征伐に意欲を燃やしますが橿日宮で突然崩御します。 崩御の理由は后の神功皇后の神託に従わなかったためとも、熊襲の矢に当.....


[1] [2]


ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」