■検索結果■



検索の結果 13件の記事が見つかりました


真木神社(水天宮境内)【名所旧跡・久留米】
.....

真木和泉史跡(水天宮境内)【名所旧跡・久留米】
.....

水天宮(久留米市京町)【名所旧跡・久留米】
水天宮の起源は高倉平中宮(徳子-平清盛の娘-)に仕えた按察使局(あぜちのつぼね)伊勢が「壇ノ浦の戦い」後、筑後川の辺の鷺野ヶ原(さぎのがはら)に逃れて安徳天.....

延寿王院(太宰府市宰府)【名所旧跡・太宰府】
七卿落ちの碑 延寿王院 菅原道真公 歌碑 参道を進み突き当たるとそこに延寿王院があります。ここには幕末の「七卿.....

太宰府天満宮(太宰府市宰府)【名所旧跡・太宰府】
901年、菅原道真は政敵の藤原時平などの勢力よって大宰府に流され、その二年後に謫居(たっきょ)で亡くなります。 遺骸は大宰府政庁東方の安楽寺に葬られ、919年.....

真木和泉-禁門の変-(1864年)【福岡史伝・幕末・維新】
1863年、8月18日の政変で会津・薩摩の両藩に追われた長州藩は京都を去りますが、長州藩士と共に攘夷活動を行っていた真木和泉も七卿の護衛をし長州へ落ち延びます(.....

平野國臣の倒幕活動(1858~1864年)【福岡史伝・幕末・維新】
平野國臣が歴史の表舞台に登場するのは、1858年の「安政の大獄」で幕府に追われる僧・月照の警護役で薩摩藩まで付き添った時だと思われます。結局、薩摩藩は月照を受け.....

幕末・明治(勤皇の志士たちと「秋月の乱」)【一夜漬け福岡史】
幕末期には、真木和泉や平野國臣などの勤皇の志士が登場します。二人は1862年4月、薩摩藩の「寺田屋事件」に関わり捕らえられ、 それぞれ久留米藩、福岡藩へ送.....

七卿落ちではなく五卿落ち?(五卿のその後)【意外な人物伝】
1863年「8月18日の政変」で会津薩摩の両藩に長州藩が京都を追われると、攘夷派の三条実美ら七卿も長州に落ち延びました。これが世に言う「七卿落ち」です。その後、.....

「平野國臣紙撚文書」とは?(筆がなけば紙で書く)【Fアイテム】
福岡市博物館の紙撚文書「囹圄(れいぎょ)和歌集」 平野國臣は西郷隆盛、真木和泉の他、「池田屋事変」に斃れた宮部鼎蔵、新選組の元をつくった策.....


[1] [2]


ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」