■検索結果■



検索の結果 33件の記事が見つかりました


野上一閑と三奈木弥平次(原鶴の一騎打ち)【意外な人物伝】
大友氏が島津氏に大敗を喫した耳川の戦いから3年、筑後平野では秋月氏や龍造寺氏が弱体化する大友配下の諸城に攻めかかります。これに大友宗麟は救援の軍を送りますが、こ.....

博多が初の「透頂香」とは!?(「ういろう」とはブランド名?)【Fアイテム】
「陳員外郎という者が1369年、元代末の乱をさけ博多に移住し、その後上京して将軍義満に種々の薬を献上した。義満はとりわけ透頂香(とうちんこう)を気に入り陳員外郎.....

貝原益軒 屋敷跡(中央区荒戸)【名所旧跡・中央区】
.....

人参が嫌いな子は読むべからず(2017年11月18日)【余談】
益軒は養生訓・巻第三の末にこう書いています。 「心口にかなわざる物、食うべからず」 講談社学術文庫「養生訓」の訳者・伊藤友信氏は「心口にかなわざる物.....

宝石で雀を撃つが如し(2017年8月17日)【余談】
益軒は「養生訓」で次の通り語っています。 「宝石を礫(つぶて・石ころ)として雀を撃たば、愚なりとて、人必ず笑はん。・・・中略・・・かろき小なる欲を貪りて身を損.....

貝原益軒記想録をリリースしました。(2017年6月30日)【余談】
「益軒先生伝」を分離し新たに「貝原益軒記想録」としリリースしました。(分離と言ってもサブドメですが・・・).....

徐福伝説は福岡にもあった?(天山の童男丱女岩)【意外な話】
徐福は秦の始皇帝より「延年益寿」の薬を探すように命を受け、若い男女3000人と五穀の種、工匠たちを引きつれ出航し蓬萊山へ向かうが、その後、徐福は広い土地を得て王.....

咎むべからず。憂うべからず。(2017年1月26日)【余談】
貝原益軒は著書「養生訓」に次のような事を記述しています。 「世の中の人の行動が、自分の意にそわなくても、『人とはそんなものだ』と考えて、人の悪いところは、.....

酒食を過すは腹中を戦場となすが如し(2016年12月31日)【余談】
胃腸を酷使する時期も山場を迎え、正月明けには胃腸薬のお世話になる人も多いのかもしれません。 ところで、貝原益軒の「養生訓」には過酒食について次の通り書かれ.....

養生訓 「怒」と「欲」について(2016年12月25日)【余談】
貝原益軒は著書「養生訓」で怒りと欲について次のような事を語っています。 「怒と欲との二つ、最も徳を破り生を失う。怒りを懲らし、欲を塞ぐは易の戒めなり。怒り.....


[1] [2] [3] [4]


ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」