■検索結果■



検索の結果 10件の記事が見つかりました


もう一つの都(豊津とその周辺の史跡)【意外な話】
豊前国府中門跡 福岡の古都といえば誰もが大宰府を思い浮かべるに違いないのですが、福岡にはもう一つの古都が存在します。 それが京都郡みやこ町・.....

景行天皇(西暦300年前後?~)【福岡人物伝】
崇神天皇の孫で、橿日宮で崩御した仲哀天皇の祖父にあたります。 皇位に就いた当時、出産時に夫は子供が生まれるまで臼を担いで家のまわりを廻る風習があり、天皇も皇后.....

浮羽島(うきは市)【名所旧跡・朝倉・うきは】
.....

熊襲の抵抗(300年代)【福岡史伝・弥生・古墳】
歴史上実在が認められている初めての天皇は崇神天皇ですが、その崇神天皇は共和国であった倭国を中央集権化するため、「四道将軍」を発し倭国統一を目指します。これが西暦.....

篠原泰之進(1828年~1911年)【福岡人物伝】
筑後浮羽の出身で関東で攘夷活動に走ります。その後、伊東甲子太郎に従い京都にて新選組に加入しますが、2年と数ヶ月後には伊東ら同士と共に御陵衛士(ごりょうえじ)を創.....

神功皇后伝説は伝説?(朝鮮半島への進出)【わかっていない事】
仲哀天皇とその皇后、神功皇后は実在の人物かどうか意見が分かれているようですが、実在の人物と仮定すれば、西暦300年代前半あたりに存在した人だと思われます。以下は.....

狗奴国は「熊野」?「球磨」?(卑弥呼に属せずの「狗奴国」)【わかっていない事】
狗奴国(くなこく)は直接、福岡に関係ありませんが、「狗奴国=熊襲」の場合は間接的に関係してきます。 魏志倭人伝に記載される邪馬台国の敵国「狗奴国」は、熊野国(.....

新選組局長・近藤勇を狙った男(筑後の柔術家・篠原泰之進)【意外な人物伝】
1867年11月18日、新選組は隊より離脱した御陵衛士(ごりょうえじ)の頭取・伊東甲子太郎とその同志三名を京都油小路で騙まし討ちにしますが、この報復として御陵衛.....

仲哀天皇(?~362年)【福岡人物伝】
日本武尊(やまとたけるのみこと)の息子で熊襲征伐に意欲を燃やしますが橿日宮で突然崩御します。 崩御の理由は后の神功皇后の神託に従わなかったためとも、熊襲の矢に当.....

武内宿禰(?~?)【福岡人物伝】
日本書紀には筑紫にて神功皇后の補佐をした記述もある人物です。景行天皇から仁徳天皇まで5代の天皇に仕え、 日本書紀の記述が正しいとすれば武内宿禰は300歳近い寿命.....





ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」