■検索結果■



検索の結果 8件の記事が見つかりました


歴史語呂合わせ(2016年11月25日)【余談】
中学時代、秀才と言われる学友は受験前になるとこの歴史語呂合わせを日常会話の中で披露して人を笑わせていましたが、勉強嫌いな私はほとんど興味をそそられる事はありませ.....

真木和泉-禁門の変-(1864年)【福岡史伝・幕末・維新】
1863年、8月18日の政変で会津・薩摩の両藩に追われた長州藩は京都を去りますが、長州藩士と共に攘夷活動を行っていた真木和泉も七卿の護衛をし長州へ落ち延びます(.....

平野國臣の倒幕活動(1858~1864年)【福岡史伝・幕末・維新】
平野國臣が歴史の表舞台に登場するのは、1858年の「安政の大獄」で幕府に追われる僧・月照の警護役で薩摩藩まで付き添った時だと思われます。結局、薩摩藩は月照を受け.....

篠原泰之進(1828年~1911年)【福岡人物伝】
筑後浮羽の出身で関東で攘夷活動に走ります。その後、伊東甲子太郎に従い京都にて新選組に加入しますが、2年と数ヶ月後には伊東ら同士と共に御陵衛士(ごりょうえじ)を創.....

新選組局長・近藤勇を狙った男(筑後の柔術家・篠原泰之進)【意外な人物伝】
1867年11月18日、新選組は隊より離脱した御陵衛士(ごりょうえじ)の頭取・伊東甲子太郎とその同志三名を京都油小路で騙まし討ちにしますが、この報復として御陵衛.....

「平野國臣紙撚文書」とは?(筆がなけば紙で書く)【Fアイテム】
福岡市博物館の紙撚文書「囹圄(れいぎょ)和歌集」 平野國臣は西郷隆盛、真木和泉の他、「池田屋事変」に斃れた宮部鼎蔵、新選組の元をつくった策.....

宮古の思い出(2013年9月12日)【余談】
1987年頃の事だったと思いますが、バイクでの一人旅、北海道へ向かう途中の岩手県での話です。 「新選組副長の土方歳三率いる幕府軍が最新鋭軍艦『ストーン.....

「新選組始末記」について(2014年8月27日)【余談】
このサイトでも真木和泉、平野國臣、篠原泰之進の項で参照している「新選組始末記」ですが、 残念ながらこの書は史家や歴史作家より創作の部分が余りにも多過ぎると.....













ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」