■検索結果■



検索の結果 6件の記事が見つかりました


博多塀(博多区櫛田神社内)【名所旧跡・博多】
豊臣秀吉の博多復興事業「博多町割り」の時、廃棄する場所のなかった瓦礫を新しく建てた塀の中に塗りこめました。これが博多塀になります。この「博多町割り」.....

博多総鎮守 櫛田神社(博多区上川端町)【名所旧跡・博多】
博多の総鎮守、櫛田神社の祭神は大幡主大神、天照皇大神、素盞嗚大神の三神で、「博多祇園山笠公式ホームページ」には大幡主大神が祀られたのが757年、天照皇大神は.....

豊臣秀吉の博多町割り(1587年)【福岡史伝・戦国】
1587年、島津氏を降し九州を平定した豊臣秀吉は筑前に戻り 「多々良浜の戦」(1569年、大内氏対大友氏)や「島津氏侵攻」(1586年、島津氏対大友氏)の.....

利休寄贈灯籠(福岡市東区筥崎宮境内)【名所旧跡・箱崎・粕屋・宗像】
楼門の先には本殿があり、向かって右手の傍らに南北朝時代の燈籠(石燈籠一基)が建っています。これは「博多町割り」の時、豊臣秀吉が.....

「博多べい」ってどんな塀?(戦乱で出た瓦礫の処分方法は?)【Fアイテム】
九州を平定した豊臣秀吉は戦災で荒廃した博多を復興するため「博多町割り」を行います。 しかし新しい町並みを造るにあたって頭を悩ましたのが、戦災後の街中に残る大量.....

豊臣秀吉(1537年~1598年)【福岡人物伝】
織田信長の部下として頭角を現した秀吉は、信長の死後その領地をほぼ継承し、四国を手中に収めると次に九州平定に着手します。 そして1587年に島津義久を降すと筑前へ.....





















ページの先頭に戻る






















「福岡史伝と名所旧跡」