【九州南北朝年表】(1336年~)

九州での南北朝の混乱は60年近く続きます。1392年に両朝が統一し、この戦乱は一旦収まるかに見えました。しかし、今川氏が九州を去った後には豊前、筑前へ大内氏が触手を伸ばします。このため騒乱は応仁の乱を経て戦国時代まで続きます。 以下に筑前、筑後、肥前を中心にした南北朝~室町時代後半の年表を記載します。





■九州南北朝年表■



1336年 少弐頼尚に迎えられた足利尊氏が「多々良浜の戦い」で菊池、阿蘇軍を破り、九州武士団を率いて再び京都へ攻め上る。 尊氏は九州を去るにあたって、天皇方の押さえとして一色範氏と仁木義長を残す。

1346年 一色範氏の嫡男・直氏が九州探題に任命される。

1348年 懐良親王が肥後の隈府に入り、征西府を起こす。

1349年 観応の擾乱(かんのうのじょうらん)が起こる。足利尊氏、直義兄弟の関係に亀裂。尊氏の庶子・足利直冬が肥後川尻に上陸する。

1351年 月隈金隈の戦い。足利直冬を擁する少弐氏が菊池氏と協力した一色氏を敗る。

1352年 2月26日、鎌倉にて足利直義が没し、観応の擾乱(かんのうのじょうらん)が終わる。
同年に足利直冬は九州を退去。

1353年 1月22日、旗頭を失くした少弐頼尚が浦ノ城を一色範氏に攻められ窮地に陥るが、仇敵の菊池武光が援軍に現われ助けられる。
2月2日、針磨原の戦いで菊池武光と少弐頼尚の連合軍が一色範氏を破る。

1354年 姪浜、飯盛の戦い。一色氏は長門に追われる。

1358年 4月30日、京都にて足利尊氏死去。

1359年 9月29日、「大保原の戦い(筑後川の戦い)」が起こる。足利尊氏死去で勢いづいた南朝方の菊池武光が有利に戦いを進め、少弐頼尚は大宰府に撤退する。 菊池方の被害も多大だったため肥後に引き上げる。

1361年 8月、油山青柳の戦い。菊池氏が少弐氏と戦い勝利する。少弐頼尚は豊後に逃れる。
懐良親王が大宰府に入り征西府を移す。

1362年 九州探題に任命された斯波氏経が、豊後に入り大友氏と共に菊池氏と戦う。
長者原の戦い。少弐、宗像、松浦の軍が探題・斯波氏経の嫡男・松王丸を大将として菊池勢と戦うが敗れる。 翌年に氏経は九州から撤退する。

1365年 渋川義行が九州探題に任命される。義行は九州に上陸できず。

1370年 今川了俊が九州探題に任命される。

1372年 九州探題の今川了俊が菊池武光を追い、大宰府を奪還。武光は高良山に入る。

1373年 菊池武光が没し、武政が継ぐ。

1374年 菊池武政が戦の傷が元で没し、弱冠12歳の菊池武朝が継ぐ。
隈府では懐良親王より良成親王が征西将軍職を引き継ぐ。

1375年 8月、福童原の戦い。武光の甥・菊池武安が武朝と共に高良山より筑後川を越え、武家方と戦う。 武安は了俊の軍に敗れ肥後に退却する。
菊池氏を隈府追い詰めた今川了俊は水島で少弐冬資(少弐頼尚の次男)を謀殺する(水島の変)。 この暴挙で了俊と冬資の仲を取持った島津氏久は離反し、大友親世も兵を引き上げる。 少弐家は弟の頼澄が継ぐ。

1383年 八代にて懐良親王死去。

1392年 南北朝が統一される。

1395年 今川了俊が失脚し京都に戻る。

1396年 渋川満頼(渋川義行の子)が九州探題に任命される。

1423年 九州探題の渋川義俊(満頼の子)が少弐満貞(頼澄の孫)に筑前より追われ肥前に逃れる。

1425年 渋川義俊が再起を図るが、少弐満貞に再び敗れる。義俊は従兄弟の満直に家督を譲る。
九州探題を攻撃した少弐氏の行動に対し、幕府は大内盛見を下向させ満貞を破る。

1429年 少弐満貞が菊池氏と共に兵を挙げ、大内盛見と戦う。

1431年 筑前西部まで深入りした大内盛見が怡土郡で少弐満貞と大友持直の軍に討たれる。

1433年 大内盛見の甥、持世が筑前に侵攻し少弐満貞を秋月に討つ。

1434年 渋川満直が肥前にて少弐氏の一族に討たれる。

1467年 「応仁の乱」が起こる。1477年まで11年間続く。

1469年 少弐政資(満貞の孫)が「応仁の乱」で手薄になった大内勢を筑前、豊前から追う。

1478年 「応仁の乱」が終わったため大内政弘(盛見の孫)が九州へ兵力を向け少弐政資を攻める。政弘は豊前、筑前を奪い、政資は肥前に逃れる。

1496年 少弐政資が「筑紫の戦い」で大内義興(政弘の子)の軍に敗れ、肥前にて自害する。

1533年 渋川義長(満直の曾孫)が少弐氏と手を組んだため、大内氏に攻められ自害する。ここに九州探題は滅ぶ。

1530年 少弐資元(政資の子)は「田手畷の戦い」で大内軍を撃退した龍造寺家兼の仲介で大内義隆と和睦する。

1536年 少弐資元が大内義隆に攻められ父・政資と同じく肥前多久にて自刃する。

1544年 少弐冬尚(資元の子)の家臣・馬場頼周は1530年の大内氏との和睦に関して、龍造寺家兼の逆心を疑い策を巡らし龍造寺家を討つ。 家兼は柳川の蒲池氏の元に逃れる。

1546年 龍造寺家兼は鍋島氏・千葉氏を後ろ盾に兵を挙げ、馬場頼周を討ち、少弐冬尚と敵対する。

1559年 少弐冬尚が龍造寺家兼の曾孫・隆信に討たれ、少弐氏が滅びる。


-参考 「戦国九州軍記」(歴史群像シリーズ⑫/学習研究社)-




関連記事:南北朝




【多々良浜の戦い】(1336年)

戦いの起こった現在の多々良川
1335年12月後醍醐天皇に反旗をひるがえした足利尊氏は、新田義貞を破り翌1月には一旦、京に入りますが、 北畠、新田、楠木軍に破れ、海路九州に落ち延びます。
そして翌月の2月20日頃に赤間関(下関)で少弐頼尚の出迎えを受けますが、この数日後、肥後の菊池武敏と阿蘇惟直が数千の軍を擁し大宰府に攻め込み、 少弐氏の有智山城を攻め落とし頼尚の父、少弐貞経を自害させます。やっとの事で九州にたどり着いた尊氏ですが、 そこにも南から敵の大軍が迫っていたのです。 九州に上陸した尊氏の軍は海路随行した手勢と少弐の兵約5百、合わせても1千に程遠い数であったと思われます。 いったん宗像大社の宗像氏範の館に身を寄せて、南朝側の豪族陣営に使者を送り「『建武の新政』で武家が没落すること」や 「陸路、数万の足利軍が九州に向っていること」、「光厳上皇と連携の件」といった事を多少は過大に触れて回ったと想像されます。 そして3月2日にはついに、多々良浜で菊池武敏と対決することになります。この時点で、南朝側の勢力は3万とも6万ともいわれています。 これに対し尊氏の軍は宗像氏範の兵と大宰府から落ちてきた少弐の敗残兵、豊後から駆けつけた大友氏泰(本人は京より尊氏に随行) の兵を合わせても3千、多くても6千程度ではなかったかと思われます。 対等に戦うには無理がある数でした。 しかし戦いが始まると、緒戦は菊池が優勢だったものの、南朝側に積極的に動かない豪族や、寝返る豪族が出たため、形勢は逆転し 勝敗を決しました。菊池武敏は三原城、猫尾城と後退しつつ肥後に撤退し、阿蘇惟直は佐賀方面(小城天山)まで退きましたが 千葉胤貞の軍勢に囲まれ自刃しました。
尊氏はこの勝利をきっかけに、九州武士団を糾合し東に向って攻め上り、3ヶ月後の6月には京都を奪還することになります。




「多々良浜の戦い」は上の写真の数百mほど上流(写真奥)で起こりました。右手が博多方面で菊池軍が布陣し、 写真には写っていませんが左手の小高い丘に尊氏の軍が陣取りました。
(2011.4.29)

関連記事:多々良浜




【観応の擾乱-筑前-】(1351年)

1349年、足利尊氏の右腕の高師直と、尊氏の弟・直義との確執で足利幕府は二派に割れます。 長門探題を努める尊氏の庶子・直冬は叔父(義父)の直義に援軍するため軍を率い上京しようとしますが、 実の父・尊氏より討伐命令が出たため、海路で肥後に逃れます。 そして1350年に筑前の少弐氏に迎えられ、翌年に九州探題の一色氏(尊氏派)の月隈城を攻めます(月隈・金隈の戦い)。 その戦いで城は落ちませんでしたが、その後は直冬と少弐氏が戦いを有利に進めます。 畿内では京を逃れた直義が勢力を挽回すると、翌年に尊氏が和解を申し入れ、高師直は直義派に斬られます。 これで動乱は一旦収束し、直冬は九州探題の職に就きます。しかし、1352年には直義と尊氏の立場が逆転し、直義は鎌倉に逃れそこで没します。 この直義の死をきっかけに二派に別れて戦っていた九州の武家方は、戦う名目を失くし、流れは尊氏派の一色氏に移ります。 また一色氏は宮方とも協調路線をとっていたため、直冬は九州を去り長門へ戻り、少弐頼尚は旗頭を失うことになります。


(2014.11.9)

関連記事:観応の擾乱




【針磨原の戦い】(1353年)

1353年1月22日、直冬が去り戦う名分を失くした少弐頼尚は大宰府の浦ノ城で九州探題・一色範氏の猛攻に晒されますが、 そこに宿敵・菊池武光の南朝軍が援軍に現われたため窮地を脱します。この時に少弐頼尚は武光に感謝し 「今より子孫七代まで、菊池の人々に向かって弓を引き、矢を放っことがあってはならない」と起請文を書いたといわれます。 そして2月2日には、大宰府より3㎞ほど南の針磨原で少弐氏の加わった南朝軍が一色の軍を撃破し(針磨原の戦い)、 翌年には再び南朝軍が「姪浜、飯盛の戦い」で一色軍を破り、再起不能となった範氏は長門に逃れます。
その後、九州探題が不在となると少弐頼尚は北朝方に寄り、南北朝の対立が再び表面化してくる事になります。



(2014.11.24)

関連記事:針磨原




【筑後川の戦い】(1359年)

大刀洗の「菊池武光像」
「針磨原の戦い」から6年、京都で足利尊氏が没すると、勢いづいた南朝方とこれに抗する武家方(北朝方)が筑後川の北側で激突します。 これが、地元では「大原合戦」と呼ばれる「筑後川の戦い」です。 この戦いは「関ヶ原の戦い」「川中島の戦い」と並び日本の三大合戦に挙げられるほど大きな戦いとなりました。 少弐頼尚を中心とする北朝側6万と懐良親王を擁する菊池武光が率いる南朝側4万が激突し、両軍あわせて2万5千の死傷者が出たといわれます。 戦いの終わった菊池軍が山隈城の近くの川で、血のついた刀を洗うと川は真っ赤に染まったといわれています。 この事から、この辺りを大刀洗と呼ぶようになりました。これが現在の三井郡大刀洗町になります。 戦いの結果は北朝の少弐頼尚が大宰府に撤退し、南朝軍が勝利しますが、南朝の懐良親王や菊池武光も負傷し一旦肥後に帰還します。 この戦い以後、少弐家は求心力を失い、2年後には菊池武光に大宰府を奪われることになります。




この戦場となった筑紫平野北部各地には、征西大将軍、懐良親王にまつわる「宮の陣」という地名や「将軍梅」(久留米市宮の陣) 「将軍藤」(小郡市福童)と呼ばれる樹木も残されています。
また、この「大刀洗」は八百年遡ると「磐井の乱」で戦いの場となり、太平洋戦争では「陸軍大刀洗飛行場」が置かれました。

(2011.5.8)





【長者原の戦い】(1362年)

「長者原の戦い」の碑
鎌倉時代の鎮西探題に代わって設置された九州探題には足利一族の一色氏が就くのですが、 「観応の擾乱」が起こると武家方はこの一色氏と筑前国守護の少弐氏の二派に別れ戦うことになります。 この内訌が要因となり、武家方は劣勢となり一色氏は九州を去り、少弐氏は菊池氏を中心とした宮方に大宰府を奪われることになります。 1361年、幕府は九州を取り戻し、政権下に組み込むため斯波氏経(しばうじつね)に九州探題を命じます。 氏経が豊後の高崎山城に入ると、翌年には宮方の菊池武光はそこに兵を向けますが、 その隙を突き氏経の子・松王丸を旗頭とした武家方の兵7000が大宰府攻略ため筑前北部より侵入し長者原に陣を取ります。 そこに菊池勢5000人ほどが駆けつけ攻撃を開始しますが、迎え撃った武家方の勢いが強く、菊池勢は2㎞ほど兵を引きます。 武家方はこれに一息ついていましたが、そこに城越前守(じょうえちぜんのかみ)率いる宮方の新手500の兵が突撃し、 乱戦の中、武家方の中心武将を討ち取ります。 これを契機に宮方は盛り返し、武家方は散々に打ち破られ大敗する結果になりました。



(2014.11.8)


関連記事:長者原




【今川氏の九州攻略】(1372年)

1370年、九州に入ることも叶わなかった渋川義行に代わり九州探題に命じられた今川了俊は、 九州攻略を三方面より進める策を取り、豊後に嫡男の今川貞臣を上陸させ高崎山城に籠城させます。 また弟の今川仲秋を肥前へ上陸させ大宰府へ向かわせ、そして自らは豊前門司より大内氏などの中国勢と共に上陸します。 この間、宮方の菊池武光の嫡男・菊池武政は高崎山城の攻略から、肥前方面の今川勢の押さえへと慌しく動きますが、 今川の勢いを止めることはできませんでした。 了俊はその半年後(1372年6月)に懐良親王、菊池武光を筑後に追い、大宰府を12年ぶりに武家派の勢力下に置きます。


(2014.11.1)





【福童原の戦い】(1375年)

小郡市「福童古戦場」
今川了俊に大宰府を攻略され、高良山に移った菊池氏はそこで抵抗を続けますが、不運なことに、翌年に菊池武光、 翌々年には後を継いだ菊池武政が立て続けに没します。 1375年、武光の甥・菊池武安は現状を打開するため高良山を降り福童原(小郡市)に兵を進めます。 そこで今川方の山内、毛利氏等の兵と激突し乱戦となりますが、そこに了俊の軍が駆けつけたため、 戦況が悪化し、遂には破れ、高良山へ再び撤退します。この戦いを最後に菊池氏は筑後を去り肥後へ戻ります。



(2014.11.1)

関連記事:福童原




【今川了俊の失脚】(1395年)

南北朝が統一(1392年)された三年後、第三代将軍の足利義満は、九州で勢力を伸ばす探題・今川了俊に危険性を覚え帰京の命を出します。 目の上の瘤だった了俊の失脚劇に少弐、大友、島津ら九州の守護たちは大喜びし、 特に「水島の変」で頭首を騙まし討ちにされた少弐氏は、敵(かたき)の了俊が無事に京に帰れるように気を配ったいいます。 京に戻った了俊は九州探題を罷免され遠江国に戻ることになります。 「狡兎(こうと)死して走狗(そうく)烹らる」といったところなのでしょうか・・・
この失脚の裏には海外貿易の利権を欲する周防国守護・大内義弘の讒言があったと言われ、その後に筑前には大内氏が勢力を伸ばし、 博多の貿易権を手中に収めます。



(2014.11.2)

関連記事:了俊




【応仁の乱-筑前-】(1467~1478年)

少弐氏と九州探題に命じられた渋川氏との反目に乗じて筑前に勢力を伸ばしていた大内氏は、1467年に「応仁の乱」が起こると兵を京都に向けます。 対馬に逃れていた少弐政資(この時点では頼忠)は対馬代官の宗氏の支援を受け筑前に上陸し、手薄となった大内勢を筑前より追うことに成功します。 しかし、十年後の1477年に「応仁の乱」が収束すると大内政弘は京都より周防に戻り筑前攻略を開始、翌年の9月に大宰府で少弐政資を破り、 政資を肥前に追います。





その後も政資は筑前の奪還を図りますが、大内氏の勢いが強く果たせず、1497年に大内政弘の子、義興との「筑紫の戦い」で大敗を喫し、 肥前小城に落ちそこで自害する事になります。以後、少弐氏は肥前で大内氏の攻撃に防戦一方となり、 配下の龍造寺氏にも離反されます。そして1559年、政資の孫・冬尚が龍造寺隆信に討たれ少弐氏は滅びますが、 これに取って代った龍造寺氏は肥前の戦国大名として急成長して行く事になります。

(2014.11.24)

関連記事:応仁の乱


















ページの先頭に戻る

「福岡史伝と名所旧跡」