Fukuoka's history information 
目   次

福岡史伝…福岡の歴史をできる限り簡単にご紹介!

名所旧跡…メジャー観光地と観光バスは行かない隠れた旧跡

福岡人物伝…歴史は人が造る!福岡の歴史に登場した人々

意外な話…それってホント?意外すぎる話。

よくわかっていない事…歴史って考えれば考えるほど面白い!!

一夜漬け福岡史…時間がない忙しい人用のページ

福岡歴史年表…福岡2000年の歴史概要

名所旧跡フォトライブラリ…乱雑ですが写真集です

リンク…博物館、資料館、図書館へのリンクです。

余談…ひとり言的な話です

更新履歴…アップした日付

訂正履歴…間違い直しの履歴です

はじめに…お願いと参考書

 
新着情報

2019.4.30

「歴史はむつかしい」を追加しました

2019.3.10

勝海舟の黒田長溥・評

2019.2.3

秀吉の筑前一夜城を追加しました

2019.1.14

筑後川の鵜飼の事

2018.12.31

豊前、筑前、筑後についてを追加しました

2018.12.23

野上一閑と三奈木弥平次

2018.12.9

「西光寺の陣鐘」の写真を追加しました

2018.11.25

薩摩街道 松崎宿「油屋」を追加しました

2018.11.4

博多が初の透頂香とは!?を追加しました

2018.10.14

人物伝に小野岑守を追加しました

名言・格言「黒板にちゅ~も~く!」
将は驕(おご)るべからず。驕れば則ち礼を失う。礼を失えば則ち人離る。
諸葛亮集



名所旧跡・朝倉・うきは
 【浮羽島】-うきは市-



浮羽の田園にある浮羽島

【浮羽島の由来】

日本の一番古い正史、日本書紀や八世紀に出来た風土記に次の説話が記されています。
 景行天皇の十八年八月(おおよそ1900年前) 九州御巡幸の時、天皇は八女からこの地にお出になって御食事をなさいましたが、 お供のお料理番たちが盃を持って来るのを忘れていました。
 天皇は、「惜(あたら)しきかも、朕が酒盃(うき)はや」(おしい事をしたものだ、私の盃を忘れたとは)と嘆かれました。その頃さかずきを「うき」と言っていました。それ以来この地を「宇枳波夜(うきはや)」の郡と呼び、なまって生葉、浮羽と呼ぶ様になり、村名・町名・郡名の もととなりました。
 ここには天皇の杖が根づいたと言われる逆杉があって、台風や落雷で枯れても住民たちが植えついで大切にしてきました。浮羽の地が古代から中央の史書に記されていることは意義深いことでしょう。

うきは市教育委員会

「浮羽島の由来」案内板より



位置はJRうきは駅の西方1㎞ほどの所です。国道210号線、土取の信号機の一つ西側の小さな交差点を南側に入り、200mほど進んだ右手になります。
国道210号線の入口には「浮羽島入口」の水色の看板が出ていますので見落とさなければすぐにわかると思います。




記事検索 


  •                                          ただいま改装中ですが、
  • 記事の参照は可能です。お見苦しい点もございますがご容赦お願いいたします。

福岡史伝へのアクセスにはこのQRコードをご利用ください。

スポットライト人物伝


【後藤又兵衛(ごとうまたべえ)】
(1560年~1615年)


関ヶ原の戦いなどで名を上げ黒田家を代表する武将となりますが、黒田如水の没後、藩主・長政とそりが合わず福岡藩を出奔します。 又兵衛の武名を惜しむ声は多かったもの黒田家に遠慮し召抱えようとする大名は少なかったようで数年間の浪人生活を送ります。 その後「大阪冬の陣・夏の陣」で久々に活躍の場を得た又兵衛は豊臣方の中心武将として戦国最後の戦場で華々しく散る事になります。



© 2011 福岡史伝と名所旧跡